出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(こく)は、上古中国神話上の帝王。名は・[夒-巳]。に封じられ、高辛氏と称したと言われている。五帝の一人で、顓頊(せんぎょく)の後を継いで、帝位に就いた。后稷の父。

史記』「五帝本紀』によれば、嚳の父は蟜極である。蟜極の父は、黄帝の子である玄囂(少昊)なので、嚳は黄帝の曾孫となる。また、嚳が生まれながらにして自分の名を言うことができ、聡明であったと記す。また嚳の徳の高さと世がよく治まった様子を様々な言葉で称える。娵訾氏の娘常宜中国語版をめとって子にをもうけ、陳鋒氏の娘慶都中国語版をめとって放勲()をもうけた。彼らは嚳の死後に順に立って帝になった[1]

三国史記』高句麗本紀第六や『三国史記』百済本紀[2]第六によると、高句麗王たちは、中国黄帝の孫である高陽氏中国黄帝の曾孫である高辛氏の子孫を称していた[3][4][5][6][7]

脚注[編集]

  1. ^ 『史記』「五帝本紀第一」、新釈漢文大系『史記』一の35-37頁。
  2. ^ 百済本記とは異なる。
  3. ^ 金光林 (2014年). “A Comparison of the Korean and Japanese Approaches to Foreign Family Names” (英語) (PDF). Journal of cultural interaction in East Asia (東アジア文化交渉学会): p. 30. オリジナルの2016年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160327222247/http://www.sciea.org/wp-content/uploads/2014/05/03_JIN.pdf 
  4. ^ “三國史記 卷第二十八 百濟本紀 第六”. 国史編纂委員会. オリジナルの2017年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170906135037/http://db.history.go.kr/item/level.do?setId=1&itemId=sg&synonym=off&chinessChar=on&position=0&levelId=sg_028_0020_0430 
  5. ^ “三國史記 卷第十八 髙句麗本紀 第六”. 国史編纂委員会. オリジナルの2017年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170906134738/http://db.history.go.kr/item/level.do?sort=levelId&dir=ASC&start=1&limit=20&page=1&setId=2&prevPage=0&prevLimit=&itemId=sg&types=&synonym=off&chinessChar=on&levelId=sg_018_0050_0170&position=1 
  6. ^ “의자왕 義慈王”. 韓国人文古典研究所. オリジナルの2021年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210829203730/https://terms.naver.com/entry.naver?docId=1642804&mobile=&cid=49615&categoryId=49800 
  7. ^ “광개토왕 廣開土王”. 韓国人文古典研究所. オリジナルの2021年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210829205717/https://terms.naver.com/entry.naver?docId=1642754&mobile=&cid=49615&categoryId=49799 

参考文献[編集]

  • 吉田賢抗『史記』一(本紀)(新釈漢文大系)、明治書院、1973年。

関連項目[編集]

先代
顓頊
黄帝有熊氏
第4代
BC2290 - BC2200頃
次代