森三樹三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 三樹三郎(もり みきさぶろう、1909年8月14日 - 1986年8月29日)は、中国思想研究者。

京都府生まれ。旧制・大阪府立高津中学校卒、1935年京都帝国大学文学部支那哲学科卒業。1950年大阪大学文学部助教授、1962年「上古より漢代に至る性命観の展開」で大阪大学文学博士。66年教授、73年定年退官、名誉教授。後に佛教大学教授。

専攻は仏教老荘思想との関連を軸とした中国哲学史。文学博士。

『東洋学論集 森三樹三郎博士頌寿記念』(同事業会編、朋友書店、1979年)に詳しい紹介がある。

主な著書[編集]

  • 『中国古代神話』 清水弘文堂書房
    • 旧版は『支那古代神話』大雅堂〈東亜人文選書〉
  • 『梁の武帝 仏教王朝の悲劇』 平楽寺書店〈サーラ叢書〉
  • 『上古より漢代に至る性命観の展開 人生論と運命観の歴史』 創文社〈東洋学叢書〉
  • 『中国思想史』 第三文明社レグルス文庫(上下)
  • 『無の思想 老荘思想の系譜』 講談社現代新書
  • 『名と恥の文化 中国人と日本人』 講談社現代新書/講談社学術文庫(没後刊)
  • 『神なき時代』 講談社現代新書
  • 『人類の知的遺産 5 老子・荘子』 講談社/講談社学術文庫(改訂版・没後刊)
  • 『老荘と仏教』 法蔵館〈法蔵選書〉/講談社学術文庫(没後刊)
  • 六朝士大夫の精神』 同朋舎出版(大著・没後刊)
  • 『中国文化と日本文化』人文書院(没後刊・論考集)
  • 『生と死の思想』人文書院(没後刊・論考集)
  • 『無為自然の思想 老荘と道教・仏教』 人文書院(同上・講演遺稿集)

訳書[編集]

外部リンク[編集]