北極紫微大帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北極紫微大帝(ほっきょくしびたいてい)は、北極星を中心とした紫微宮に住む、北極星が神格化された道教四御の一柱である。「中天北極紫微大帝」、「北斗真君」とも呼ばれる。

その昔、周御国王の王妃の紫光夫人(しこうふじん)が生まれた9人の子供の中の次男。長兄は天皇大帝

元始天尊の第五化身ともいい、玉皇大帝の命令を受けて、の動きなどの自然界の諸現象、さらには全ての鬼神たちを一人統括する。神怪小説『封神演義』では、姫伯邑考が中天北極紫微大帝に封ぜられている。