少昊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

少昊(しょうこう)は、中国古代の五帝の一人。姓は己。氏は金天氏(鳥氏、青陽氏、窮桑氏[1]、雲陽氏[2]とも称される)。名は摯(し。鷙・質とも作る)、または玄囂。号は「昊」(「皞」・「皓」・「顥」とも作る)、「朱宣」、「少昊」(少昊とは太昊の徳行を継承したことによる命名)。

概要[編集]

黄帝の子(『路史』では孫とされる[註釈 1] )母は皇娥あるいは嫘祖。西海のほとりにあったと伝わる窮桑(きゅうそう。現在の山東省曲阜市)で生まれる[3]。『史記』五帝本紀には、蟜極の父・帝嚳の祖父にあたると記されている。五行の上では金徳・西方・白色を示すとされ、金天氏・白帝という称はそれに由来する。

東海の青陽に国をたて、のちに都を曲阜に置いたとされる。『春秋左氏伝昭公十七年の項には、を作成し、官名を玄鳥氏、伯趙氏、青鳥氏、丹鳥氏など、鳥類の名で呼んだことが記載されている。

『神異経』では、四凶のひとつである窮奇(きゅうき)は少昊の子孫であるとしている[4]

三国史記』によれば、新羅武将金庾信は、少昊の子孫にあたるという[註釈 2]

窮桑[編集]

窮桑は高さ1万にもおよぶの大木で、赤い葉をもち、1万年に一度長寿の効果のある果実をつけるとされる[3]。江水のほとりにたっていたと伝説には記されている。

少昊陵[編集]

雲陽に葬られたという記述から、山東省曲阜市には少昊の陵墓であると考えられる丘陵があり「少昊陵」と称されている。の時代の乾隆3年(1738年)に位置を移し現在のかたちに整備された[5]中国ピラミッド英語版と呼ばれる形状の陵墓のひとつである。

脚注[編集]

  1. ^ 窮桑で生まれたことに拠る。 『拾遺記
  2. ^ 曲阜の雲陽に葬られたことに拠る。
  3. ^ a b 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社、1993年 137-139頁
  4. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社、1993年 142頁
  5. ^ 莵田茂丸 『孔子廟参拝記』平凡社 1941年 101-102頁 少昊陵

註釈[編集]

  1. ^ 羅泌『路史』巻16 疏仡紀 少昊
    少昊青陽氏 名質 是為摯 其父曰清黄帝之第五子方嫘氏之生也
  2. ^ 『三國史記』列傳 第一:金庾信 上
    金庾信 王京人也 十二世祖首露 不知何許人也 以後漢建武十八年壬寅 登龜峯 望駕洛九村 遂至其地 開國 號曰加耶 後改爲金官國 其子孫相承 至九世孫仇亥 或云仇次休 於庾信爲曾祖 羅人自謂少昊金天氏之後 故姓金 庾信碑亦云 軒轅之裔 少昊之胤 則南加耶始祖首露 與新羅同姓也

参考資料[編集]

  • 山海経』-「大荒東経」
  • 『山海経』-「大荒南経」
  • 『春秋命歴序』
  • 『易緯稽覧図』
  • 『逸周書』
  • 史記
  • 春秋左氏伝』-昭公十七年
  • 『曲阜県志』

関連項目[編集]