玉藻前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉藻前。鳥山石燕著『今昔画図続百鬼』より。その姿の後ろには狐の尾が見える。
玉藻前。楊洲周延画「東錦昼夜競」明治19年(1886年)より

玉藻前(たまものまえ)とは、平安時代末期に鳥羽上皇の寵姫であったとされる伝説上の人物。妖狐の化身であり、正体を見破られた後、下野国那須野原で殺生石になったという。

概説[編集]

玉藻前の伝説は、古くは史書の『神明鏡』(南北朝時代末期、14世紀後半)の鳥羽院の条、の『殺生石』、御伽草子の『玉藻の草子』(室町時代)、『下学集』(1444年)巻の中第三帳犬追物の注などに見られる。この頃すでに玉藻前の前歴として班足王の夫人および幽王の后の褒姒が挙げられている[1]江戸時代には浄瑠璃に仕組まれ、紀海音の浄瑠璃『殺生石』、 浪岡橘平・浅田一鳥・安田蛙桂の浄瑠璃『玉藻前曦袂』(たまものまえあさひのたもと)(1751年)が知られる。高井蘭山の読本『絵本三国妖婦伝』 (1804年)では、それまで簡略に片付けられていた唐土天竺の条が増補され、妲己もまた玉藻前と関連付けられた。この読本が好評を博したため、文化文政期には玉藻前の物語が大いに流行し、松梅枝軒・佐川藤太の浄瑠璃『絵本増補玉藻前曦袂』(1806年)をはじめとする多くの作品が作られた。

玉藻前のモデルは、鳥羽上皇に寵愛された皇后美福門院(藤原得子)ともいわれる。摂関家などの名門出身でもない彼女が皇后にまで成り上がり、自分の子や猶子を帝位につけるよう画策し中宮待賢門院(藤原璋子)を失脚させ、崇徳上皇藤原忠実藤原頼長親子と対立し保元の乱を引き起こし、更には武家政権樹立のきっかけを作った史実が下敷きになっているという(ただし、美福門院が実際にどの程度まで皇位継承に関与していたかについては諸説ある)。

伝説の概要[編集]

『絵本三国妖婦伝』では、最初は藻女みくずめと呼ばれたとされ、子に恵まれない夫婦の手で大切に育てられ、美しく成長した。18歳で宮中で仕え、のちに鳥羽上皇に仕える女官となって玉藻前たまものまえと呼ばれる。その美貌と博識から次第に鳥羽上皇に寵愛されるようになった。

しかしその後、上皇は次第に病に伏せるようになり、朝廷の医師にも原因が分からなかった。しかし陰陽師・安倍泰成(安倍泰親、安倍晴明とも)が玉藻前の仕業と見抜く。安倍が真言を唱えた事で玉藻前は変身を解かれ、白面金毛九尾の狐の姿で宮中を脱走し、行方を眩ました。

その後、那須野(現在の栃木県那須郡周辺)で婦女子をさらうなどの行為が宮中へ伝わり、鳥羽上皇はかねてからの那須野領主須藤権守貞信の要請に応え、討伐軍を編成。三浦介義明千葉介常胤上総介広常将軍に、陰陽師・安部泰成を軍師に任命し、8万余りの軍勢を那須野へと派遣した。

那須野で、既に九尾の狐と化した玉藻前を発見した討伐軍はすぐさま攻撃を仕掛けたが、九尾の狐の術などによって多くの戦力を失い、失敗に終わった。三浦介と上総介をはじめとする将兵はの尾を狐に見立てた犬追物で騎射を訓練し、再び攻撃を開始する。

対策を十分に練ったため、討伐軍は次第に九尾の狐を追い込んでいった。九尾の狐は貞信の夢に娘の姿で現れ許しを願ったが、貞信はこれを狐が弱っていると読み、最後の攻勢に出た。そして三浦介が放った二つの矢が脇腹と首筋を貫き、上総介の長刀が斬りつけたことで、九尾の狐は息絶えた。

殺生石 (栃木県那須町

だが九尾の狐はその直後、巨大な毒石に変化し、近づく人間や動物等の命を奪った。そのため村人は後にこの毒石を『殺生石』と名付けた。この殺生石は鳥羽上皇の死後も存在し、周囲の村人たちを恐れさせた。鎮魂のためにやって来た多くの高僧ですら、その毒気に次々と倒れたといわれている。南北朝時代会津の元現寺を開いた玄翁和尚が殺生石を破壊し、破壊された殺生石は各地へと飛散したと伝わる。

玉藻前の経歴は中国古代王朝にまで遡る。殷の最後の王であるの后、妲己の正体は齢千年を経た九尾の狐であり、王の妾であった寿羊という娘を食い殺し、その身体を乗っ取って王を惑わせたとされる。王と妲己は酒池肉林にふけり、無実の人々を炮烙の刑にかけるなど、暴政を敷いたが、武王率いる軍勢により捕らえられ、処刑された。またこの処刑の際に妲己の妖術によって処刑人が魅せられ首を切ることができなくなったが、太公望照魔鏡を取り出して妲己にかざし向けると、九尾の狐の正体を現して逃亡しようとした。太公望が宝剣を投げつけると、九尾の体は三つに飛散したといわれている。

しかしその後、天竺耶竭陀まがだ王子班足太子はんぞくたいしの妃華陽夫人として再び現れ、王子へ千人の首をはねるようにそそのかすなど暴虐の限りを尽くしたが、耆婆(きば)という人物が夫人を魔界の妖怪と見破り、金鳳山中で入手した薬王樹で作った杖で夫人を打つとたちまち九尾の狐の正体を現し、北の空へ飛び去って行ったとされる。

周の第十二代の王、幽王の后、褒姒も九尾の狐とされる。褒姒がなかなか笑わないので、幽王はさまざまな手立てを使って彼女を笑わそうとし、ある日何事もないのに王が烽火のろしを上げ、諸侯が集まったという珍事に初めて笑ったといわれ、それを機に王は何事もないのに烽火を上げ、諸侯が烽火をみても出動することが無くなり、後に褒姒により后の座を追われた申后の一族が周を攻めたとき、王は烽火を上げたが諸侯は集まらず、王は殺され、褒姒は捕虜にされたが、いつの間にか行方知れずとなっていたという。後に若藻という16歳ばかりの少女に化け、吉備真備の乗る遣唐使船に同乗し、来日を果たしたとされる。

玉藻前を主題とする作品[編集]

室町時代[編集]

  • 『殺生石』
  • 御伽草子『玉藻の草紙』(通称「玉藻前」)

江戸時代[編集]

  • 18世紀中頃? - 作者不明『是は御ぞんじのばけ物にて御座候』(これはごぞんじのばけものにてござそうろう)赤本
妖怪の見越入道ももんがの合戦を描いた作品で、見越入道に味方する妖怪のひとりとして玉藻前が登場する。
寛延4年の『玉藻前曦袂』を増補改作したもの。現行の文楽・歌舞伎で『玉藻前曦袂』として上演されるのはこの作品だが、いずれも三段目の「道春館」だけ上演されるのが普通である。
江戸中村座において三代目中村歌右衛門が演じた九変化舞踊。天人・狂乱・黒人・知盛・梓巫女鳥羽絵関羽傾城、そして最後に玉藻前を踊った。
  • 1821年(文政4年) - 鶴屋南北『玉藻前御園公服』(たまものまえくもいのはれぎぬ)歌舞伎
  • 1824年(文政7年) - 曲亭馬琴『殺生石後日怪談』(せっしょうせきごにちのかいだん)合巻

近代以降[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「今は何をか包むべき、天竺にては斑足太子の塚の神、大唐にては幽王の后褒姒と現じ、我が朝にては鳥羽の院の、玉藻の前とはなりたるなり。」(能『殺生石』)、「昔西域に斑足王あり、その夫人悪逆に過たり、王に勧て、千人の首を取しむ。その後支那国に出生して、周の幽王の后となり、その名を褒姒といふ。国を滅し、人を惑し、死して後日本に出生す。近衛院の御宇に玉藻前と號す。」(『下学集』)

参考文献[編集]

  • 小松和彦 『日本妖怪異聞録』 小学館〈小学館ライブラリー〉、1995年7月、ISBN 4094600736
  • 岡本綺堂 『玉藻の前』 原書房〈岡本綺堂伝奇小説集〉其ノ一、1999年6月、ISBN 4562032022
  • 須永朝彦編 『伝綺(日本古典文学幻想コレクションⅡ)』 国書刊行会、1996年2月、ISBN 4336037825
  • 須永朝彦訳 『飛騨匠物語・絵本玉藻譚』 国書刊行会〈現代語訳・江戸の伝奇小説〉3、2002年11月、ISBN 4336044031
  • 田川くに子 「玉藻伝説と『武王伐紂平話』」『文藝論叢』第11号、1975年。
  • 西川昭五 『玉藻の前―朗読のための物語詩』 近代文芸社〈現代日本詩人新書〉、2002年12月、ISBN 4773368624

関連項目[編集]

外部リンク[編集]