妖狐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

妖狐(ようこ、拼音: yāohú ヤオフー)は、中国日本に伝わる妖怪である。人間をたぶらかしたり、人間の姿に化けたりすると考えられている。

概要[編集]

中国説話小説では狐妖(こよう、húyāo フーヤオ)、狐狸精(こりせい、húlíjīng フーリーチン。「狐狸」で「キツネ」を意味している)、狐仙(こせん、húxiān フーシエン)、狐魅(こみ、こび)、阿紫(あし)などとも称される。特になまめかしい女性に化けた狐は、男をだますとされる。日本各地の昔話世間話でも、狐はなどと並んで、人間や他の動物に変身するなどして人を化かすと語られている。また、助けてくれた人間に対して恩返しをしたりもする。

中国では狐たちは鶏卵が好物とされることが多い。いっぽう日本では油揚げ(食品を油であげたもの全般をさす)が好物とされ、このことからとりわけ豆腐の油揚げのことを「きつね」とも称している。苦手とするものとしてはも含む)や猟師などが挙げられる。

中国の説話や伝承[編集]

中国では、修行を積んだり太陽などの力(日精・月華)を得た狐が、変化や仙術を獲得すると考えられていた。『捜神記』や『聊斎志異』などにも狐が化けたという話が収録されている。

後漢の『呉越春秋』では、古代の王として知られる禹王(うおう)の妻・女嬌は白い九尾の狐であるとされている。女嬌の一族である塗山(とざん)氏が狐を崇拝していたことに由来しているのではないかとも考えられている。中国古代の地理書『山海経』では九尾の狐は人を食うと記しているが[1]、『白虎通』などをはじめ太平の世に現れる瑞獣であると認識されていた[2]

の時代の小説『封神演義』に登場する、妲己に取り憑いた「千年狐狸精」の九尾の狐は特に知られた妖狐である。紂王をまどわし王朝を滅亡させたとされる。

中国東北部(旧・満州)などでは、日精や月華を得た五種の動物の化身を「五大仙」、「五大家」などと称して狐仙(キツネ)、黄仙(イタチ)、白仙(ハリネズミ)、柳仙(ヘビ)、灰仙(ネズミ)の五種が信奉されていた。いっぽうで五大仙は人間に憑依するともされている。五大仙は財産をもたらすとして「五顕財神」とも呼ばれた。「狐仙」は飢饉から守ってくれると言い、農家は狐仙堂(こせんどう)と称される祠をつくり、狐仙をまつっていた[3]。ここでの「仙」とは「神」という意味に近いものである。「狐仙下馬」(狐憑き。きつねつき)と称して、人に乗り移ると吉凶を占ったり、妖怪を倒す能力を発現するとされる。

日本の説話や伝承[編集]

日本では、人間をはじめとした様々なものに化け、相手を「ばかす」存在として語られることが多い。日本の説話の中のキツネも参照。

古代日本においても、黒狐(玄狐)は瑞獣として扱われていたと見ることの出来る記述が『続日本紀和銅5年(712年)の記事に見られ、朝廷に献上され、祥瑞を説いた書物に「王者の政治が世の中をよく治めて平和な時に現れる」と記されていたと報告し、万民の喜びとなるだろう旨の記述がある。

日本霊異記
妻の正体が狐であったという話がある。またその子孫の美濃狐(狐の直(あたい))の話がある。
和名抄
「狐はよく妖怪となり、百歳に至り、化して女となるなり」とある。中国での狐の説からの影響が濃くみられる。
遠野物語
狐の妖怪についての話が収録されている。遠野六日町の大狐は、尾が2本に岐れ、いずれも半分以上白くなっている古狐であったという記述がある。鍛冶職人の松本三右衛門の家に夜な夜な石を降らせたとされるが、捕えられたとある。なお、同書には、化け猫に化けた狐の話も収録されている。

妖狐に由来する地名[編集]

女化町(おなばけ-ちょう。茨城県牛久市
女化神社(女化原の稲荷)があり、妻の正体が猟師から助けられた狐であったという女化稲荷の縁起物語に由来している[4]

様々な種類の狐[編集]

野狐、佐脇嵩之『百怪図巻
野狐(やこ)
いわゆる野良の狐。中国では仙狐を目指し修行するための試験に合格していない狐を指す場合もある[5][6]。日本では、人間に対して悪事やいたずらをする狐全般をさして野狐という呼び方が用いられてもいる。九州では憑き物の一種とされ野狐持ちの人物と仲の悪い者について害をなすといわれる[7]禅宗ではいまだ悟りを得たという確証がないのに、慢心から悟ったとする禅を野狐禅という。
仙狐(せんこ)
中国における狐の妖怪のひとつ。仙術を修行・獲得した狐たちをさす。
白狐(びゃっこ、はくこ)
白い毛色を持つ。日本では、安倍晴明の母親とされている葛の葉や、狂言釣狐』の題材となったとされる白蔵主などが有名。稲荷神眷属である狐も、ほとんどが白狐である。人々に幸福をもたらすとされる。「狐ものがたり」では善狐の1種族としても挙げられている。
代の『山海経』に描かれている九尾の狐
九尾狐(きゅうびこ)・九尾の狐(きゅうびのきつね)
中国では瑞獣のひとつであるとされている。『封神演義』の妲己や『三国妖狐伝』の玉藻前などの正体であるとされることから、江戸時代以後は強大な妖力を持った妖狐として語られることが多い。
八尾狐
江戸時代に春日局が書いたとされる『東照大権現祝詞』に、「三代将軍徳川家光の夢に八尾の狐が現われ、患っていた病が治る旨を告げて去っていった」こと、家光が絵に描かせた事がつづられている[8]。長らく絵は不明であったが、2015年に京都府内の個人宅で幕府御用絵師狩野探幽作『八尾狐図(やおのきつねず)』が発見された[9]
金狐(きんこ)、銀狐(ぎんこ)、黒狐(こくこ)
「狐ものがたり」(『宮川舎漫筆』収録)に説かれている善狐のうちの種族として名前が挙げられている。同文では善狐の種族には天狐・金狐・銀狐・白狐・黒狐の5種が存在しているとされている[10]

皆川淇園による狐の格付け[編集]

狐の格付けは江戸時代、稲荷・霊狐を信仰する人々の間で種々説かれており、いくつか存在する。江戸時代末期の随筆『善庵随筆』などに引かれている皆川淇園が書き記している説によると、上位から天狐、空狐、気狐、野狐の順であるとされる。これらの内、実体を視覚で捉えることができるのは野狐のみであり、気狐以上は姿形がなく、霊的な存在とされる[11]。最上位である天狐は神に等しいとされる[12]

天狐(てんこ)
強力な神通力を持つ狐。神と等しい存在であるという[13][6]。天狐という語は天狗と同一のものであるという説もある[11]。「狐ものがたり」では善狐の1種族としても挙げられている。
空狐(くうこ)
神通力を自在に操れる狐。気狐たちの倍の霊力を持っている[13]
気狐(きこ)
野狐たちよりも位の進んだ狐たち[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wikisource reference 山海經. 山海經/南山經. - ウィキソース. 
  2. ^ 笹間良彦 『図説・日本未確認生物事典』 柏書房 1994年 112頁 ISBN 978-4-7601-1299-9
  3. ^ 谷山つる枝 『満洲の習俗と伝説・民謡』 松山房 1938年 107頁
  4. ^ 『茨城の史跡と伝説』 茨城新聞社編 1976年 pp.19–21
  5. ^ 篠田耕一 『幻想世界の住人たち3 中国編』 新紀元社 1989年 116頁 ISBN 4-915146-22-7
  6. ^ a b 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社
  7. ^ 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店〈Kwai books〉、2005年、328-329頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  8. ^ 特別出品 狩野探幽筆 八尾狐図のご紹介京都国立美術館
  9. ^ 家光が描かせた「八尾狐図」発見 京都府内の個人宅で日本経済新聞
  10. ^ 少年社・中村友紀夫・武田えり子編 『妖怪の本 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説』 学習研究社〈New sight mook〉、1999年、80-82,84頁。ISBN 978-4-05-602048-9
  11. ^ a b 笹間良彦 『図説・日本未確認生物事典』 柏書房1994年、110-111頁。ISBN 978-4-7601-1299-9
  12. ^ 多田克己編 『竹原春泉 絵本百物語 -桃山人夜話-』 国書刊行会1997年、159頁。ISBN 978-4-336-03948-4
  13. ^ a b c 笹間良彦 『怪異・きつね百物語』 雄山閣 1998年 16頁 ISBN 4-639-01544-5

関連項目[編集]