きつね (麺類)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きつねうどん(京都市
きつねそば(英国ブライトン

うどん・そばにおいてのきつねとは、かけうどんかけそばに甘辛く煮た油揚げを乗せたものであり、「きつねうどん」「きつねそば」と呼ぶ[1]

ただし、地方によって指すものが異なる場合がある(#各地方の特徴にて詳述)。関東では「きつねうどん」のうどんの台をそばの台にかえたものを「きつねそば」というのに対し、大阪では関東でいう「きつねそば」を「たぬき」と称するのが一般的である。[2][3]

地方によっては違いがあるが、使用する油揚げは、まず湯で油抜きをし、砂糖醤油みりんなどを使用して、しっかりと甘辛く味付ける。麺のダシ(つゆ)は濃口醤油と鰹節主体の強めのものである。熱いつゆばかりでなく、冷やしや鍋物もある。

名称[編集]

名称は稲荷寿司と同様、油揚げがキツネの好物とされていることに由来する[4]。一説には油揚げの色(きつね色)・形がキツネがうずくまる姿に似ているからだともいう。「けつねうどん」あるいは「けつね」と発音されることもある[3]

また、「しのだ」ともいい、漢字では「信太[5]」、「信田[3]」、「志乃田[3]」とも表記される。これは信太の森の伝説に由来する[5][3]葛の葉を参照)。

このほか「はいから」とも呼ばれる[3]。ただし、いわゆる「たぬきうどん」を「ハイカラ」として売り出している店もある[6]

歴史[編集]

きつねうどんがいつできたかについては諸説ある。

  • 江戸時代に大阪で作られたという説[7]
  • 明治10年代に大阪で誕生したという説[8][5]
  • 1893年明治26年)創業の大阪市船場のうどん屋「松葉家」が油揚げをのせたうどんを考案したという説[9][3]。きつねうどんをメニューとしており、「大阪きつねうどん」の石碑が建てられている。
  • 江戸で油揚げを種にした蕎麦があり、文献によれば大坂よりも江戸の方が古いとする説[10][11]

『衣食住語源辞典』(東京堂出版、1996年)では、きつねうどんが先行し後にきつねそばが誕生したものと解説されている[4]

各地方の特徴[編集]

「きつねうどん」のうどんの台をそばの台にかえたものを「きつねそば」とも言うが、地方によってはその「きつねそば」を「たぬき」と称する[2][3][12]など、地方によって名称や特徴が異なる[13]

各地域の名称と内容を下記に記述する。

東京[編集]

1806年の書「船頭深話」に、ネギと油揚げをあしらったそばが記述されるなど歴史が古い。夜そば売りの種物としても出ている。「南蛮」にも油揚げを入れる店も多い。江戸風俗研究家の杉浦日向子は、江戸・東京では単品で食べられる事が多いと解説している。カップ麺「どん兵衛」の東版では、西版よりシットリしており味もコッテリしている(東京の揚げ物はごま油を使用し色よく揚げるのが主流)。

京都[編集]

京都の方言では、けつねとも発音する[14][15]。『芦屋道満大内艦』に描かれた泉州信太の森の葛の葉狐にちなんで「しのだ」と呼ばれることもある[16]

大阪[編集]

大阪を中心とした近畿地方では、醤油と砂糖で甘辛く煮た薄揚げを乗せたうどん料理を「きつね」、そば料理を「たぬき」と呼ぶことが一般的であり、「きつねそば」や「たぬきうどん」というメニューは通常存在しない[17]。近畿において、一部に前述の京都の様に、同じ名称でも出される物が異なることがある。けつねなどと訛って発音する者もいるが[18]、これは親愛をこめた呼び方といわれ[19]、また、多くの場合は軽いジョークの様なノリで、わざとそう呼んで注文している場合であるともいわれる[20]。大阪でも「しのだ」と呼称されることがある[4]

関東 関西
 きつね 
  • 油揚げをのせたそば又はうどん
    (きつねうどん、きつねそば)
  • 油揚げをのせたうどん(けつね、しのだ)
 たぬき 
  • 揚げ玉をのせたそば又はうどん
    (たぬきうどん、たぬきそば)
  • 京都:刻んだ油揚げの上から葛餡を掛けたうどん
  • 大阪:油揚げをのせたそば
 ハイカラ 

  -

  • 揚げ玉をのせたうどん(ハイカラうどん)[21]

即席めん[編集]

カップ麺としては、日清食品の「どん兵衛 きつねうどん」が全国的に発売された後に、東洋水産が「赤いきつねうどん」「紺のきつねそば」を全国に発売している。エースコックの「天ぷらきつねそば」は、そばの上に天ぷらと煮つけた揚げが乗っている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本国語大辞典第2版、きつねうどん・きつねそば、の項。
  2. ^ a b 『丸善食品総合辞典』丸善 p.274 1998年
  3. ^ a b c d e f g h 岡田哲著『たべもの起源事典』東京堂出版 p.126 2003年
  4. ^ a b c 『衣食住語源辞典』東京堂出版 p.97 1996年
  5. ^ a b c 大谷晃一著『大阪学』新潮文庫 p.52 1994年
  6. ^ 大谷晃一著『大阪学』新潮文庫 p.60 1994年
  7. ^ 『そば・うどん技術教本 うどんの技術』
  8. ^ 『図説 大阪府の歴史』
  9. ^ 『きつねうどん口伝』
  10. ^ 東京都麺類協同組合・東京都麺類生活衛生同業組合
  11. ^ 1806年式亭三馬『船頭深話』「菱屋の蕎麦は、葱に油揚げ等をあしらいたるものを…」
  12. ^ 「きつねうどん」と「たぬきそば」の謎 「☆名称だけが西へ」
  13. ^ 参考:たぬきときつね 複数サイトを参照しメーリングリストや掲示板からの意見をまとめたもの
  14. ^ 大辞林、三省堂
  15. ^ 我流京都探訪
  16. ^ 牧村史陽編、『大阪方言事典』297頁、杉本書店、1955、大阪
  17. ^ 大阪で「たぬきうどん」や「きつねそば」を注文すると店がどのような調理をすれば良いか分からない事があるため、確認を求められる場合がある
  18. ^ 大辞林(三省堂)「けつね」の項。
  19. ^ 大谷晃一著『大阪学』新潮文庫 p.50 1994年
  20. ^ 四日市市四郷地区ふるさと方言録
  21. ^ 揚げ玉は無料でのせられる店も多いため、特に料理名を付けないこともある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 宇佐美辰一(述)『きつねうどん口伝』筑摩書房、1991年11月、ISBN 4480813012、ちくま文庫: 1998年10月、ISBN 4480034250