東日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東日本(ひがしにほん、ひがしにっぽん)は、日本を大きく分ける時に使用される語で、日本の半分を指す。対義語は西日本

範囲[編集]

一般には北海道東北地方関東地方を指す[注釈 1][注釈 2]

広義では中部地方も含め[3]、狭義では北海道や東北地方を「北日本」に分類し[注釈 3]、関東地方のみ、または関東地方と中部地方(特に広域関東圏に属する地域)を指す。

地質学の分野では、フォッサマグナの西端部にあたる糸魚川姫川青木湖安曇野塩尻峠釜無川早川富士川以東を東日本とする[5][6][7] 説もあれば糸魚川静岡構造線以東を東日本とする説もある。

方言学の分野では日本語東日本方言(東部方言)は、北海道方言東北方言関東方言東海東山方言新潟佐渡島を除く)・長野岐阜愛知以東を指す[8]

各種文化面から新潟長野静岡の各県以東を東日本とする場合もある[9][10](ただし佐渡島を除く場合もある)。

気象予報では、北日本、東日本、西日本、沖縄・奄美の4分類になっており、関東甲信北陸東海三重県も含む)を指し、北海道・東北は北日本とされている[11]

また、近畿地方に対する関東地方や、畿内に対する南関東西国に対する東国(例:東日本放送)を指す場合もある。 他には生物相がある[注釈 4]

『JTB私鉄時刻表 東日本版』(JTBパブリッシング)には、静岡県・長野県・新潟県以東の各鉄道全列車の時刻を掲載している。『平成23年度大学入試センター試験 受験上の注意』によれば、大学入試センター試験の追試験における東日本地区の管轄地域は、北海道、東北関東甲信越静岡県となっている[13]

日本のほぼ中央に位置する愛知県のウェブサイトには「愛知県は地理的には東日本に含める場合が多いようです」という記述がある[14]

電力や周波数における東日本[編集]

東日本は北海道、東北、東京の各電力の地区に分かれており、交流電源の周波数はほとんどの地域で50Hzである。一部の地域では60Hzで、境界は静岡県の富士川山梨県群馬県及び新潟県の糸魚川以東。詳しくは「商用電源周波数#日本の商用電源周波数」を参照のこと。 2011年3月11日東日本大震災による福島第一原発事故を始めとする原子力発電所などの停止により、電力需給が厳しくなり、同年夏には東北、東京電力管内に電力使用制限令が発動され、15%の節電が呼びかけられた。

人口[編集]

2020年国勢調査人口(北海道、東北、関東地方合計)は5749万人で、日本の総人口の45.6%を占める[15]

一方で、合計特殊出生率は非常に低いエリアである。2021年の合計特殊出生率は、最も高い福島県ですら全国順位は28位に過ぎない。14県全てが下位20都道府県に入ってしまっている(残り6県は、隣接する新潟県・静岡県と近畿地方4府県)[16]2000年代以前は首都圏と北海道を除いては低いわけではなかったが(特に山形県と福島県は沖縄県に次いで2位だった年もある)、2010年代以降は東北地方でも合計特殊出生率が急落し低下傾向が顕著になった。

東日本を冠した主な企業・団体名[編集]

地域実態を反映しているもの[編集]

名称のみ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「関東・東北・北海道の総称」である[1]
  2. ^ 通常は関東、東北、北海道の3つの地方を東日本とする[2]
  3. ^ 「東北地方・北海道の総称」である[4]
  4. ^ 例えば、アカネズミの染色体のグループは富山浜松線を境に東西に分かれている[12]

出典[編集]

  1. ^ 『コンサイス日本地名事典』1989年12月、 第3版。の「東日本」①の項目。
  2. ^ 秋庭隆『日本地名大百科 ランドジャポニカ』1996年12月年。の「東日本」の項目。
  3. ^ 『広辞苑 第5版』1999年10月。の「東日本」の項目。
  4. ^ 『コンサイス日本地名事典』1989年12月、 第3版。の「北日本」の項目。
  5. ^ 『コンサイス日本地名事典』1989年12月、 第3版。の「東日本」②の項目。
  6. ^ 中学校学習指導要領解説 社会編”. 2014年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月19日閲覧。文部科学省。P52。
  7. ^ 東京学芸大学 2010 年度重点研究 教員養成課程における「小学校社会科」教育プログラムの開発 報告書”. 2014年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月19日閲覧。 東京学芸大学。P18。
  8. ^ 東条操『日本方言学』1954年。
  9. ^ 『コンサイス日本地名事典』1989年12月、 第3版。の「東日本」の③項目。
  10. ^ 秋庭隆『日本地名大百科 ランドジャポニカ』1996年12月年。 東日本の項。
  11. ^ 気象庁地域名
  12. ^ 浜島書店編集部『ニューステージ 生物図表 新訂』2002年11月。189頁の「アカネズミの染色体分布図」。
  13. ^ 平成23年度大学入試センター試験受験上の注意を掲載”. 2012年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月21日閲覧。
  14. ^ 愛知県は東日本ですか、西日本ですか? Q&A 愛知県”. 2013年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月4日閲覧。
  15. ^ [1]
  16. ^ [2]
  17. ^ 『最新 全国市町村名事典』2006年6月。の「あさひ-まち2 朝日町」の項目。

参考文献[編集]

  • 東条操 『日本方言学』吉川弘文館、1954年。ISBN 978-4-00-080113-3 
  • 三省堂編修所 編 『コンサイス日本地名事典 第3版』三省堂、1989年12月。ISBN 978-4-385-15328-5 
  • 秋庭隆 『日本地名大百科 ランドジャポニカ』小学館、1996年12月。ISBN 978-4-09-523101-3 
  • 新村出 編 『広辞苑 第5版』岩波書店、1999年10月。ISBN 978-4-00-080113-3 
  • 浜島書店編集部 著、浜島書店編集部 編 『ニューステージ 生物図表 新訂』浜島書店、2002年11月。ISBN 4834340066NCID BA65029442 
  • 三省堂編集所 編 『最新 全国市町村名事典』三省堂、2006年6月。ISBN 978-4-385-15343-8 

関連項目[編集]