狩野探幽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
狩野 探幽
狩野探幽像(伝桃田柳栄筆)京都国立博物館
生誕 山城国
慶長7年1月14日(1602年3月7日)
死没 延宝2年10月7日(1674年11月4日
江戸
国籍 日本の旗 日本
代表作 二条城障壁画、名古屋城障壁画
流派 狩野派
この人に影響を
与えた芸術家
雪舟 狩野永徳

狩野 探幽(かのう たんゆう、慶長7年1月14日1602年3月7日) - 延宝2年10月7日1674年11月4日))は、江戸時代初期の狩野派絵師狩野孝信の子。法号は探幽斎、は守信。早熟の天才肌の絵師、と評されることが多いが、桃山絵画からの流れを引き継ぎつつも、宋元画や雪舟を深く学び、線の肥痩や墨の濃淡を適切に使い分け、画面地の余白をに生かした淡麗瀟洒な画風を切り開き、江戸時代の絵画の基調を作った。

生涯[編集]

慶長7年(1602年)、狩野孝信(狩野永徳の次男)の長男として京都で生まれる。母は、佐々成政の娘。

慶長17年(1612年)、駿府徳川家康に謁見し、元和3年(1617年)、江戸幕府の御用絵師となり、元和7年(1621年)には江戸城鍛冶橋門外に屋敷を得て、本拠を江戸に移した。江戸城二条城名古屋城などの公儀の絵画制作に携わり、大徳寺妙心寺などの有力寺院の障壁画も制作した。山水、人物、花鳥など作域は幅広い。

元和9年(1623年)、狩野宗家を嫡流・貞信の養子として末弟・安信に継がせて、自身は鍛冶橋狩野家を興した。探幽には嗣子となる男子がなかったため、刀剣金工家・後藤立乗の息子・益信(洞雲)を養子にしていた。その後、50歳を過ぎてから実子・守政探雪が生まれたため、守政が鍛冶橋家を継いだ。しかし、探幽の直系である鍛冶橋狩野家から有能な絵師が輩出されることは、6代後の子孫である狩野探信守道とその弟子沖一峨を僅かな例外として殆どなかった。

延宝2年(1674年)、死去。享年73(満72歳没)。戒名は玄徳院殿前法眼守信日道。墓所は池上本門寺。墓の形は、瓢箪を象っている。弟子も多く、久隅守景、神足常庵守周、桃田柳栄守光、尾形幽元守義ら探幽四天王に加え、京都で鶴澤派をおこした鶴澤探山会津藩御用絵師となった加藤遠澤など。

評価[編集]

若年時は永徳風の豪壮な画風を示すが、後年の大徳寺の障壁画は水墨などを主体とし、墨線の肥痩を使い分け、枠を意識し余白をたっぷりと取った瀟洒淡泊、端麗で詩情豊かな画風を生み出した。探幽は、画面地を一つの不透明で均質な平面と考え、そこに山水や人物が描かれることによって生じる絵画空間とは次元の異なる意味を持たせようとした。絵画空間にはモチーフが断片的にしか描かれていなくても、地の素材に由来する安定した均一性によって、画面に堅固な統合性を与えている。この画法は、描かれた部分のみ見ると、筆致が荒く、モチーフの形も中途半端な粗雑な画に見える。しかし、濃墨ではなく最も薄い墨色で表された部分に注目して、薄墨と画面地との間に暗示される景観の展開を想像で補いながら追うと、薄墨と画面地の間に柔らかい光を帯びた、深く潤いに満ちた景観が立ち上がってくる[1]

この画法は掛け軸等の小作品でも生かされ、その中に彼の芸術的真骨頂を見いだすのも可能である。その一方、大和絵の学習も努め、初期の作品は漢画の雄渾な作画精神が抜け切れていないが、次第に大和絵の柔和さを身に付け、樹木や建物はやや漢画風を残し、人物や土波は大和絵風に徹した「新やまと絵」と言える作品も残している。江戸時代の絵画批評では、探幽を漢画ではなく「和画」に分類しているのは、こうした探幽の画法を反映していると云えよう。粉本主義と言われる狩野派にあって探幽は写生も多く残し、尾形光琳がそれを模写しており、また後の博物画の先駆と言える。

探幽の画風は後の狩野派の絵師たちに大きな影響を与えたが、彼の生み出した余白の美は、後世の絵師たちが模写が繰り返されるにつれ緊張感を失い、余白は単に何も描かれていない無意味な空間に堕し、江戸狩野派の絵の魅力を失わせる原因となった。すでに晩年の探幽自身の絵にその兆候が見られる。近代に入ると、封建的画壇の弊害を作った張本人とされ、不当に低い評価を与えられていた。しかし近年、その真価が再評価されている。

ギャラリー[編集]

主な作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 文化財指定 備考
渡唐天神図 紙本墨画 1幅 86.7x29.3 松井文庫 1614年(慶長18年) 最初期の作品の1つ。
義朝最期・頼朝先行供養図 絹本著色 双幅 各225.5x173.8 大御堂寺 義朝最期図のみ「守信」朱文壺形印 重要文化財 若年期の作
二条城障壁画 二条城二の丸御殿 1626年(寛永3年) 重要文化財
三十六歌仙図額 板絵着色額装 34面 各43.8x29.0 筑波山神社 1633年(寛永10年)
名古屋城障壁画 名古屋城本丸御殿 1634年(寛永11年) 重要文化財
三十六歌仙図額 板絵金箔地著色 18面 各70.2x51.7 静岡浅間神社 1634年(寛永11年) 静岡県指定文化財 家光が浅間神社造営に際して奉納したもの。書は青蓮院尊純法親王の筆。
三十六歌仙図額 板絵金箔地著色 36面 各55.8x38.4 静岡浅間神社 1634年(寛永11年) かつて静岡浅間神社内、賤機山上の麓山神社にかかげられていたもの。書は同じく青蓮院尊純法親王の筆。
田園風俗図屏風 紙本金地著色 四曲一双 各96.9x358.0 高津古文化会館 1635年(寛永12年)以前
八尾狐図 紙本淡彩 1幅 109.3x56.3 個人 1637年(寛永14年) 春日局が書いたとされる『東照大権現祝詞』(1640年(寛永17年))にある徳川家光の霊夢を図像化した作品。家光が病の時、江戸城二の丸東照宮から「八尾の狐」が現れ、病が回復する事を告げて去るという夢を見て、家光はこれを絵像に描かせたという。本作は右上に家光自筆で「十月九日」の日付と「家光」黒印があり、左上に天海筆で「寛永十四年」の年記と花押がある。裏書きには浅草寺別当忠尊が、『東照大権現祝詞』と同様の話と、絵師が狩野采女こと探幽だと記している。元は紅葉山東照宮にあったと思われるが、明治維新後の紅葉山東照宮撤去時に流出したものと考えられる[2]
南禅寺大方丈障壁画 南禅寺 寛永年間後期 重要文化財
東照権現像 紙本着色 全8幅 輪王寺 1639年(寛永16年)ほか 重要文化財
東照宮縁起(仮名本) 紙本著色 全5巻 日光東照宮 1640年(寛永17年) 重要文化財
佐久間将監 絹本著色 1幅 62.7x27.0 個人 1641年(寛永18年) 重要文化財 江月宗玩・林羅山賛。円窓の将監が愛猫を抱きかかえる。
黒田忠之 紙本著色 1幅 87.3x36.4 福岡市美術館 1635-42年(寛永12-19年) 無款記/「探幽斎」朱文長方印 沢庵宗彭賛。束帯姿の忠之が愛犬と思われる白い犬を伏し目がちで見つめる[3]
獺図 紙本著色 1幅 51.5x105.7 福岡市美術館 1635-42年(寛永12-19年) 款記「探幽筆」/「守信」朱文鼎印 獺を等身大かつ極めて精緻に写生した作品[4]
大徳寺方丈障壁画 全83面 大徳寺方丈 1641年(寛永18年) 重要文化財
四季松図屏風 紙本金地著色 六曲一双 各156.5x367.0 大徳寺 寛永末年頃 款記「狩野法眼探幽斎守信筆」 重要文化財
山水図屏風 紙本墨画淡彩 六曲一双 各156.0x361.4 東京国立博物館 寛永末年 款記「狩野法眼淡幽斎藤原守信筆」/「守信」朱文瓢箪印 重要美術品 紙継ぎは料紙を上下3枚に貼り継いだ三紙継ぎ。本間屏風では珍しい継ぎ方だが、探幽作品では比較的多く、しかも概して優品が多い[5]
七賢九老図屏風 六曲一双 紙本墨画淡彩 各144.2x337.0 静岡県立美術館 1639-42年(寛永16-19年) 画面上部8cmは後の補紙で、裏面には狩野探信守道筆「山水図」。
源氏物語図屏風 紙本金地着色 六曲一双 三の丸尚蔵館 1642年(寛政19年)
板倉重昌 絹本著色 1幅 83.1x39.4 長圓寺西尾市 1646年(正保3年)
三十六歌仙図額 板絵著色 滝山東照宮 1646年(正保3年) 岡崎市指定文化財
波濤水禽図屏風 紙本墨画著色 六曲一双 各156.0x358.6 静嘉堂文庫 1644-48年(正保年間) 款記「探幽斎筆」/「守信」朱文瓢箪印・「龍馬」朱文無廓印 重要美術品
富士山図屏風 紙本淡彩 六曲一双 各159.6x356.8 板橋区立美術館 款記「探幽斎筆」/「守信」朱文瓢箪印・「龍馬」朱文無廓印
酬恩庵方丈障壁画 全47面 酬恩庵方丈 1650年(慶安3年) 重要文化財
三十六歌仙図額 鳥取東照宮 1650年(慶安3年) 鳥取県指定保護文化財
達磨・布袋・朝陽図 紺紙金泥 3幅対 各113.8x32.6 鍋島報效会 1650年(慶安3年)頃 款記「探幽斎筆」 清厳宗渭
雲龍図 妙心寺法堂 天井鏡板 1656年(明暦2年) 重要文化財
両帝図屏風 紙本著色金泥引 六曲一双 各159.7.x360.9 根津美術館 1661年(万治4年)
周茂叔・林和靖図屏風 紙本著色 六曲一双 各136.3×350.3 東京国立博物館 1661年(万治4年)
富士山図 絹本著色 1幅 73.0x168.0 鎌倉国宝館 款記「法印探幽行年六十五歳筆」 鎌倉市指定文化財
富士山図 紙本墨画淡彩 1幅 56.6x118.4 静岡県立美術館 1667年(寛文7年)
富士・松原図屏風 紙本墨画 六曲一双 約154x361 フリーア美術館 1669年(寛文9年)
源氏物語 賢木澪標図屏風 紙本金地著色 六曲一双 各148.7x36.6 出光美術館 1669年(寛文9年) 款記「法印探幽行年六十八歳筆」
楠公訣児図 絹本着色 1幅 121.5x51.8 前田育徳会 1670年(寛文10年) 重要文化財 朱舜水賛。楠木正成が、桜井の駅で息子正行に忠義を説いて別れる、所謂桜井の別れを描いたもの。前田綱紀が探幽に依頼した作と伝わる。
波濤群燕図 151.7x27.0 常盤山文庫 1670年(寛文10年) 款記「法印探幽行年六十九歳筆」/「筆峯」朱文瓢箪印
四季花鳥図 絹本着色 4幅対 永平寺 1672年(寛文12年) 各図に款記「探幽法印行年七十一歳筆」 松方侯爵家旧蔵
鵜飼図屏風 紙本金地着色 六曲一双 各164.8x364.0 大倉集古館 重要文化財
士農工商図屏風 個人 重要美術品
桐鳳凰図屏風 紙本金地著色 六曲一双 各158.2x377.6 サントリー美術館 法眼期 各隻に款記「探幽法眼筆」
慈眼大師尊像 聖衆来迎寺 法眼期 無款記/「守信」朱文瓢箪印・「法眼探幽」朱文円印
釈迦・文殊・普賢図 絹本著色 3幅対 各109.1x47.9 萬福寺 法眼期 款記「探幽法眼筆」/「守信」朱文瓢箪印 隠元隆琦
保科正之像(束帯 1幅 106.3x55.0 土津神社 法印期 款記「宮内卿法印探幽筆」/「法印生明」白文法印 福島県指定文化財 杓で平緒に描かれた九曜紋が半ば隠れている[6]
保科正之像(束帯) 1幅 106.0x55.3 土津神社(福島県立博物館寄託) 法印期 款記「宮内卿法印探幽筆」/「法印生明」白文法印 福島県指定文化財 上記の肖像とほぼ同様。太刀と平緒が異なり、平緒の九曜紋がはっきり見える[6]
保科正之像(平服) 1幅 105.9x55.6 土津神社(若松城天守閣郷土博物館寄託) 法印期 款記「宮内卿法印探幽筆」/「法印生明」白文法印 福島県指定文化財 直接正之の相貌を写した紙形(原図)を描いたのは、探幽の弟子だった会津藩御用絵師棚木良悦守貞だと伝えられる[6]
新三十六歌仙図帖 絹本著色 2帖 各33.5x26.1 東京国立博物館 法印期
四季耕作図屏風 六曲一双 各159.8x352.8 東京国立博物館 法印期
若衆観梅図 紙本淡彩 1幅 24.1x45.0 個人
若衆観楓図 絹本著色 1幅 36.5x57.7 個人 款記「探幽斎筆」
探幽縮図 京都国立博物館大倉集古館ほか分蔵 「臨画帖」(個人蔵)は重要文化財。自らが目にした日本や中国の古今の名画を縮図として模写しており、現在まで膨大な量が残っている。ほとんどが晩年に当たる寛文年間に描かれており、探幽の老年になっても衰えぬ学習意欲が伺える。今日では原画が失われてしまった古画の模写も多数含まれており、日本絵画史研究上、貴重な資料となっている。

現存しない作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鬼原 (1998)。
  2. ^ 京都国立博物館 毎日新聞社編集 『特別展覧会 桃山時代の狩野派―永徳の後継者たち―』 毎日新聞社 NHK京都放送局 NHKプラネット近畿、2015年4月7日、pp.248,281。
  3. ^ 山下善也 「狩野探幽と獺図と黒田忠之像」福岡市美術館編集・発行 『狩野派と福岡展』 1998年2月3日、pp.62-66。
  4. ^ 小林法子 「狩野探幽筆 獺図」『国華』第1129号、1989年。
  5. ^ 図録(2002)p.223。
  6. ^ a b c 川延安直 「会津藩主の肖像画」福島県立博物館編集・発行 『福島県立博物館 若松城天守閣 共同企画展 展示解説図録 徳川将軍家会津松平家』 2006年9月30日、pp.20-21,107-108

参考資料[編集]

展覧会図録
  • 佐々木英理子 野田麻美企画・編集 『「探幽3兄弟─狩野探幽・尚信・安信─」展図録』 板橋区立美術館・群馬県立近代美術館、2014年2月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]