石川丈山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石川丈山

石川丈山(いしかわ じょうざん、1583年天正11年) - 1672年6月18日寛文12年5月23日))は、江戸時代初期の文人。もとは武士大坂の役後、牢人。一時、浅野家に仕官するが致仕して京都郊外に隠棲して丈山と号した。

江戸初期における漢詩の代表的人物で、儒学書道茶道庭園設計にも精通していた。幕末の『煎茶綺言』には、「煎茶家系譜」の初代に石川丈山が記載されており、煎茶の祖とも言われる。

名は初め重之、後に、通称は初め三彌、後に嘉右衛門丈山は六六山人、四明山人、凹凸窠、詩仙堂、大拙、烏麟、山木、山村、藪里、東溪、三足など。

略歴[編集]

三河国泉郷(現在の愛知県安城市和泉町)の代々徳川家松平家)に仕える譜代武士の家に生まれた。一途な性格で早く功を挙げたいと思い、大叔父のもとで武芸を学んだ。1598年慶長3年)、徳川家康の近侍となり、その忠勤ぶりに信頼を寄せられた。大坂夏の陣に参加したが、軍令に反して抜け駆けの先登をしたため家康の賞するところとならなかった。この時家康は丈山が寵臣であったがゆえに一層厳しく譴責したのだという。そこで丈山は浪人となり妙心寺に隠棲した。 1617年元和3年)頃、知人・林羅山の勧めによって藤原惺窩に師事し、儒学を学んだ。文武にすぐれると評判になった丈山には各所から仕官の誘いが多かったものの、仕官するつもりはなかった。しかし病気がちな母を養うために紀州和歌山県和歌山浅野家に仕官し、その後浅野家の転封に従って安芸広島県広島に赴き、そこで13年ほど過ごした。母が亡くなると引退を願い出たが許されなかったため、強引に退去し京に出て、寛永13年に相国寺の近くに睡竹堂をつくり隠棲し始めた。

さらにその後、洛北の一乗寺村(比叡山西麓)に凹凸窠(詩仙堂)を1641年寛永18年)に建てて終の棲家と定めた。この時、洛東の隠者木下長嘯子の歌仙堂(三十六歌仙の肖像を掲げていた)に倣って、中国歴代の詩人を36人選んで三十六詩仙とし、狩野探幽に肖像を描かせて堂内2階の四方の小壁に9面ずつ掲げた。そのため凹凸窠は詩仙堂の名で知られるようになった。煎茶(おそらく団茶のたぐいであろう)に親しんだと伝えられると共に、作庭に長じたとも言われ東本願寺枳殻邸(渉成園)の庭園は石川丈山の手になるものと伝えられている。この頃、後水尾上皇からお召しがあったが「渡らじな瀬見の小川の浅くとも老の波たつ影は恥かし」と詠んで断った。上皇はその意を了として丈山の歌を「渡らじな瀬見の小川の浅くとも老の波そふ影は恥かし」と手直しして返したという。清貧を旨として学問に没頭し30数年を過ごし、90歳で死去した。なお、鷹が峰の本阿弥光悦、八幡の松花堂昭乗と共に、幕府の意を受けて京中の監視をしていたとの説もある。小堀遠州など当時の文化人とも広く交流したと伝えられるが、中でも親しく交わったのが、松花堂昭乗と佐川田喜六であり、京田辺市の一休寺(酬恩庵)の庭園は3人の合作によるとの伝えが遺されている。

学問[編集]

  • 漢詩には閑適の詩が多い。七言絶句「富士山」は詩吟初心者の練習によく用いられる。
  • 書道では隷書を得意とする。
  • 渉成園東本願寺)や酬恩庵一休寺)などの作庭を手がけた。
  • 著書 - 『覆醤集』(詩集)・『北山紀聞』・『詩法正義』

訳注[編集]

三十六詩仙[編集]

丈山は選定に当たり林羅山と協議した。詩人の特徴によって2人ずつ対になっており、堂内でもそのように掲げられている。

蘇武-陶潛 謝霊運-鮑照 杜審言-陳子昂
李白-杜甫 王維-孟浩然 高適-岑参
儲光羲-王昌齢 韋応物-劉長卿 韓愈-柳宗元
劉禹錫-白居易 李賀-盧仝 杜牧-李商隠
寒山-霊澈 林逋-邵雍 梅尭臣-蘇舜欽
欧陽脩-蘇軾 黄庭堅-陳師道 陳与義-曽幾

関連項目[編集]

外部リンク[編集]