劉長卿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
劉長卿・『晩笑堂竹荘畫傳』より

劉 長卿(りゅう ちょうけい、生没年不詳)は中国唐代中期の詩人。は文房。

略伝[編集]

河間(河北省)の出身。玄宗皇帝の天宝年間(742年 - 756年)の前後に生存したと思われる。733年進士となる。756年に監察御史となり、ついで転運使判官になった。この後、讒言する者があり姑蘇の獄につながれたが、許されて睦州(浙江省)の司馬として左遷され、随州(河北省)の刺史で終わった。性剛直で権勢家に逆らうことが多かったという。詩文に長じ、権徳輿に「五言の長城」と称せられた。龍門八詠は古詩の傑作とされ、『唐詩選』には平蕃曲などを収める。劉長卿集10巻がある。

[編集]

過鄭山人所居
寂寂孤鶯啼杏園  寂々として孤鶯、杏園に啼き
寥寥一犬吠桃源  寥々たる一犬、桃源に吠ゆ
落華芳草無尋處  落華芳草、尋ぬる處無し
萬壑千峯獨閉門  萬壑千峯(ばんがくせんぽう)ひとり門を閉ざす

 

逢雪宿芙蓉山
日暮蒼山遠  日暮れて蒼山遠し
天寒白屋貧  天寒くして白屋貧なり
柴門聞犬吠  柴門で犬吠ゆるを聞く
風雪夜帰人  風雪夜帰の人

 

送張扈司直帰越中
時危身赴敵  時危ければ身は敵に赴く
事往任浮沈  事さりて浮沈に任す
萬里三江去  萬里三江に去る
當時百戦心  當時百戦の心
春風呉草緑  春風呉の草緑にして
古木剡山深  古木に剡山(せんざん)深し
明日滄州道  明日の滄州の道は
孤雲不可尋  孤雲尋ぬべからず