進士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

進士(しんし、満州語:dosikasi)とは、から北宋中期にかけては科挙の六科の一つ。王安石の改革で進士科以外が廃止された後は、科挙の登第者(合格者)を指し、以降の南宋からまで続いた制度である。

進士科[編集]

隋代の初めに科挙が開始されたが、605年に進士科が設けられた。隋・の時代は進士科と明経科で試験が別になっていた。明経科では儒学の知識と時務策のみであったが、進士科ではこれに詩賦が加わった。

進士科は試験が最も難しく、1回に採られる人数は2~30人と明経科の十分の一であったため、最も重んじられ、地位は他の科よりも高かった。「明経科は30歳でも年寄り、進士科は50歳でも若い方」という言葉はいかに進士科が難関であったかを示している。

王安石の改革以後[編集]

の科挙制度も開始時は進士・明経その他の科が設けられていたが、王安石の改革で明経などの諸科が廃止されて、進士科一科となった。で科挙が開始された時も進士科のみで、もそれを受け継いだ。そのため科挙の登第者のことを進士と称するようになった。

明清では殿試で選ばれた登第者は三甲に分けられた。一甲は状元榜眼探花の3名で「進士及第」と称し、二甲は若干名(清では一般に40-50名)で「進士出身」と称し、それ以外の三甲(清では一般に100-300名)は「同進士出身」と称した。世間の人々はそれらをまとめて進士と呼んだのである。

関連項目[編集]