木下勝俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
木下勝俊
Kinosita Choushushi.jpg
木下長嘯子像(模写)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄12年(1569年
死没 慶安2年6月15日1649年7月24日
改名 大蔵(幼名
別名 俳号: 長嘯、長嘯子、挙白、天哉、夢翁、西山樵夫、西山樵翁
通称:若狭少将
戒名 大成院殿前四品羽林天哉長嘯居士
霊名 ペテロ
墓所 京都府京都市東山区高台寺
官位 従五位下侍従従四位下式部大夫参議左近衛権少将
備中国足守藩主(改易)
氏族 木下氏杉原氏)→羽柴氏豊臣氏
→木下氏
父母 父:木下家定、母:某氏[1]
兄弟 勝俊利房延俊俊定小早川秀秋俊忠秀規周南紹叔
正室:うめ/宝泉院(森可成の娘、後に離縁)
側室:複数
天祥院(武田信吉室)、智光院(山崎家治室)、女[2](阿野公業室)、春光院万花紹三(早世[3])、勝信(橋本勝信)

木下 勝俊(きのした かつとし)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将大名歌人

若狭小浜城[4]後瀬山城)主で、官位が従四位下式部大夫左近衛権少将であったので、通称若狭少将と言う。一時期はキリシタンでもあって洗礼名は「ペテロ」と伝わる。歌人としては長嘯(ちょうしょう)または長嘯子(ちょうしょうし)、あるいは挙白(きょはく)、天哉爺(てんかおう)など様々の称を用いた。一般には木下長嘯子の名が高名。

関ヶ原の戦いでは東軍に属して伏見城留守居の将とされたが、鳥居元忠に退去を迫られ、これに従った結果、敵前逃亡したと戦後に責められて改易された。次いで父家定備中足守藩を継いで第2代藩主となったが、異母弟利房と遺領を争って公儀の沙汰で所領没収とされた。以後、京の東山に隠棲して文人となった。作風は近世初期における歌壇に新境地を開いたものとされ、その和歌俳諧師松尾芭蕉にも影響を与えた。

略歴[編集]

出自と家族[編集]

永禄12年(1569年)、木下家定の長男として生まれる[6]。家定は豊臣秀吉の正室高台院北政所、おね)の兄で、杉原定利の子。木下姓を称するが、秀吉と血のつながりはない。母は某氏[1][6]

異母弟に利房、延俊小早川秀秋など[7]

勝俊の正室は森可成の娘うめ(宝泉院)。子息は嫡庶含めて1男4女あり、女児はそれぞれ、徳川家康の五男武田信吉の妻、山崎家治の妻、権大納言阿野公業の妻[2]となった。

男児に関しては、関ヶ原の戦いの年(1600年)に庶子が誕生したが、後述の失態の連座を避けるために、死んだことにされ、匿われたことが『常光院過去帳』や『挙白集』の「きならし衣」などを通じた後年の研究で判明している。この人物は長じて堀尾吉晴に仕え、堀尾家断絶後は、親族の浅野幸長のもとを頼り、さらに細川家家老松井興長に仕えて橋本姓を名乗った勝信であるという[8]。この系譜は現在も八代市で継続しているので血統は続いているとも言えるが、勝俊は後に継嗣なしとして隠居したために、系譜そのものは断絶した。

秀吉の一門衆[編集]

幼少より豊臣秀吉に仕える。一門衆の1人として厚遇され、家老蜂須賀正勝の死後、その所領であった播磨国龍野城を、福島正則の次に代わって与えられた。天正16年(1588年)、豊臣姓を下賜された。

天正18年(1590年)、小田原征伐に参陣。文禄の役では1,500名を率いて在陣衆の1人として名護屋城に滞在した。文禄3年(ないし2年)に若狭国後瀬山城8万1,500石を与えられた。20歳代前半にあたる1590年代初め頃の時期から和歌に才能を発揮し、文禄の役の際に肥前国の陣中へ向かう旅路で記された文章や和歌は『九州道之記』として遺されている。

慶長5年(1600年)、会津征伐に赴く五大老筆頭徳川家康の命で、勝俊は特に伏見城に留め置かれ、松の丸[9]の守備を任された。しかし関ヶ原の戦いが始まると、東軍の鳥居元忠は信頼できる三河衆[10]を中心に城の守りを固めようと考え、寄せ手の西軍に弟の秀秋が含まれていると勝俊に疑いをかけて、退去しなければ攻め寄せると迫った。このために勝俊は退去して北政所のいる京都に向かった[11][12]

勝俊が伏見城を退去した理由については諸説あるが、血はつながらないとは言え、甥にあたる豊臣秀頼のためにも関東に味方するべきではないが、かといって石田三成の謀叛に荷担することもできず、城に残ると防戦の邪魔になると判断したためであるという[13]。その他の異説としては、風情を好む勝俊が太閤の築いた金吹の瓦の豪華絢爛な城が兵火に見舞われるの見るのが忍びなくなって、全てが疎ましくなって城を出て行った[14]とするものや、彼の歌道の師匠であった細川幽斎同様(田辺城の戦い)に、天皇をはじめとした朝廷による救出工作があって里村昌叱が勝俊を迎え入れたとする説がある[15]。一方で、勝俊を可愛がっていた北政所が西軍を支持していたためとする説もある[16]が、通説では北政所は反石田・淀殿の側であり、まず東軍・勝俊と西軍・小早川秀秋が兄弟であることを理由に仲裁して停戦させようとし、それが勝俊の退去で失敗した後は秀秋に伏見城へ入城させて東軍に加勢させようとしたことが知られる[17]。いずれにしてもこれらの理由ならば、結局、勝俊は独断で城を出たことになる。

妻のうめ(宝泉院)は大坂で人質となっていたが、勝俊の敵前逃亡を知って激怒し、これを理由に後に離縁した。戦後、元忠に追い出されたとはいえ、勝俊が与えられた任務を勝手に放棄した行為は許し難きことであったので、家康は伏見城退去を理由に勝俊を除封の処分とした[18]

慶長13年(1608年)、父・家定の死去後、高台院(北政所)の周旋によって遺領(備中国足守2万5,000石)は安堵され、その裁量に任されることになった。この際、家康は遺領を勝俊と利房に分賜するとも定めていたが、高台院は寵愛する勝俊に遺領の全てを渡した[19]。すると、所領を得られなくなった弟・利房は抗議して家康に泣きつき、約半年間、双方の使者が京都と駿河を往復して争議となった。翌年9月、江戸幕府は分地の沙汰を犯して命に背いたという理由で、家定の遺領の全てを没収とした。これで再び勝俊は失領したが、利房も同じであり、代わりに遠縁にあたる浅野長晟が、足守藩を一時拝領して管理した。なお、利房は、大坂の陣で徳川方として参戦して軍功を挙げ、それによって晴れて父の遺領である足守藩の継承を認められている。

隠居後[編集]

勝俊は剃髪して京都東山に隠棲し、高台院が開いた高台寺の南隣りに挙白堂を営んで、長嘯子と号した。この隠棲地には「歌仙堂」と称する小閣がありその二階には三十六歌仙図を掲げた[20]

その後、長嘯子(勝俊)は挙白堂で1640年頃まで和歌を詠み続け、後水尾天皇が勅撰したと伝えられる集外三十六歌仙にも名を連ねている。

最晩年は山城乙訓大原野(西山)の勝持寺の畔に移住し、西山樵夫(西山樵翁)と称した。隠棲後も後妻か娘かは不明だが、家族と手紙のやりとりはあったらしい。

慶安2年(1649年)に死去した。墓は高台院らが眠る高台寺にある。遺された和歌作品の数々は、弟子の山本春正らによって編纂された歌文集『挙白集』に収載されている。

木下長嘯子(勝俊)は、小堀政一伊達政宗といった大名をはじめとして、林羅山春日局といった幕府の要職にあった人たちや、藤原惺窩とその息子の冷泉為景(叔父・冷泉為将の養子)、松永貞徳中院通勝たち文化人らとも交流を持った。弟子には先に挙げた山本春正や岡本宗好打它公軌といった人たちがいる。また、石川丈山、下河辺長流山鹿素行にも私淑され、山鹿素行には住居の訪問を受けている。なお、勝俊は吉備大臣入唐絵巻を所有していたことでも知られる。

歌人として[編集]

木下長嘯子
誕生 日本の旗 日本 尾張国
死没 1649年7月24日
職業 隠居歌人
ジャンル 和歌
代表作 『挙白集』『長嘯子集』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
木下長嘯子宅跡
(愛知県名古屋市中村区中村町)
円徳院・歌仙堂
(隠棲前・長嘯子と名乗る以前の時期の勝俊の座像がある)

作品[編集]

和歌
  • あらぬ世に身はふりはてて大空も袖よりくもる初しぐれかな
  • よしあしを人の心にまかせつつそらうそぶきてわたるよの中 [21]
  • むらさきも朱(あけ)もみどりも春の色はあるにもあらぬ山桜かな
  • 夕顔のさける軒ばの下涼み男はててれ女(め)はふたのもの
  • すべてただこれ皆秋のすることぞ月も夕べも虫も憂からず
  • 黒髪もながかれとのみ掻き撫でしなど玉の緒のみじかかりけん [22]
  • 身のほどを忘れてむかふ山桜花こそ人を世にあらせけれ
  • 枝も葉もかぞふばかりに月すめば影たしかなる庭のときは木
  • 花ざかりとはではすぎな君をのみ待つに心をつくづくしかな
  • 身の上を何と抜かりて今日はまた火宅を出でぬ仏なるらむ [23]
  • 露の身の消えてもきえぬ置き所草葉のほかにまたもありけり [24]

著作[編集]

歌集
  • 歌文集『挙白集』 1649年 [26]
  • 家集『若狭少将勝俊朝臣集』(『長嘯子集』)

関連作品[編集]

小説
エッセイ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 寛政重修諸家譜』『尾張群書系図部集』による。『木下家譜』では「家女」と書かれ、身分が低かったことを示唆する。
  2. ^ a b 公家阿野実藤の生母。
  3. ^ 17歳で没。高台寺春光院を墓所として創建。
  4. ^ 現在の若狭小浜城は関ヶ原の後に京極高次が築いたもので、それ以前の小浜の城は、後瀬山城をさす。
  5. ^ 塙保己一; 太田藤四郎 『群書系図部集 第3』 続群書類従完成会、1973年、62-63頁。 
  6. ^ a b 『群書系図部集』では、4つ載せている若狭武田氏の系図の一つ、若州武田系圖別本(狩野永納によるとする)に、勝俊は武田元明の子で、母は松丸殿と記されていたという記述があるが、同書には秀吉が松丸殿を妾にするために元明を殺して奪ったと書いているものの、続けてこの説は大間違い(大謬)であると同書内に注釈も書かれており、他の3つの系図には勝俊の表記はなく、あくまで異本の1つを紹介しているに過ぎない[5]。元明の生年が勝俊の生年と近すぎることから考えて、整合性はないものと考えられる。
  7. ^ 『木下家譜』では、利房、延俊、俊定、秀秋、出雲守、僧は雲照院を生母とし、勝俊と秀規をそれぞれ異母とする。『寛政重修諸家譜』等諸系図では、利房、延俊、秀秋だけを雲照院が産んだ同母兄弟とし、残り全てをそれぞれ異母兄弟とする。
  8. ^ 津田修造 1979, pp.10-13
  9. ^ 別説では本丸ともする。
  10. ^ 結局、伏見城は徳川恩顧ということで引き入れられた甲賀衆の裏切りによって落城した。
  11. ^ 国史研究会編 国立国会図書館デジタルコレクション 『關原軍記大成』一巻 国史研究会〈国史叢書〉、1916年、426-427頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3441733/223 国立国会図書館デジタルコレクション 
  12. ^ 徳富猪一郎 国立国会図書館デジタルコレクション 『家康時代 上巻 関原役』第11巻 民友社〈近世日本国民史〉、1935年、244-245頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223797/139 国立国会図書館デジタルコレクション 
  13. ^ 永山卯三郎 1937, pp.2455-2456
  14. ^ 戸川 1895, pp.72-73
  15. ^ 河合敦、『関ヶ原敗者達の復活戦』 グラフ社、歌人大名・木下勝俊の項より
  16. ^ 白川亨『石田三成とその一族』第一章 「三成決起の背後には北政所がいた」・『石田三成とその子孫』第一章 「亡夫の願いを適えようとした北政所」、三池純正『敗者から見た関ヶ原合戦』第一章3「三成の追放と反石田陣営の形成」
  17. ^ 浅野史蹟顕彰会編 国立国会図書館デジタルコレクション 『浅野荘と浅野氏』 浅野史蹟顕彰会、1917年、94頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/926969/64 国立国会図書館デジタルコレクション 
  18. ^ 足守の木下家譜には、若狭・小浜領を自ら返上したとも受け取れる表現 「(前略)天下忽チニ徳川ニ帰セシ後自ラ所領ノ地ヲ捨テ(後略)(東京大学史料編纂所・画像) も見受けられる。
  19. ^ 戸川 1895, p.71
  20. ^ 後に石川丈山比叡山西麓に隠棲し、詩仙堂を構えて、その二階に自ら選んだ36人の中国の詩人の額を掲げたのは、この歌仙堂に倣ったのである。
  21. ^ 失領した長嘯子が、隠棲生活に入ったときに詠んだ歌。
  22. ^ 1627年(寛永4年)、娘の春光院万花紹三を17歳で亡くした時の歌。
  23. ^ 慶長伏見大地震(1596年)で震災の被害を受けた大仏殿について詠んだ和歌。この地震で建物に被害はなかったものの、中の大仏が崩壊している。
  24. ^ 辞世の句。
  25. ^ 大和絵師、住吉如慶が挿絵を描いている。
  26. ^ 勝俊の没後、弟子の山本春正を中心として編纂される。

参考文献[編集]

論文
津田修造 (1980年12月1日). “木下長嘯子伝雑考 その(二)”. 九州大学国語国文学会. 2016年3月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]