大和田伸也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおわだ しんや
大和田 伸也
生年月日 1947年10月25日(68歳)
出生地 日本の旗 日本福井県敦賀市
身長 175cm
血液型 A型
ジャンル 俳優声優
活動期間 1970年代 -
配偶者 五大路子
著名な家族 大和田獏(実弟)
大和田悠太(長男)
大和田健介(次男)
事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
主な作品
テレビドラマ
藍より青く
水戸黄門
踊る大捜査線』シリーズ
キッズ・ウォー』シリーズ
みこん六姉妹』シリーズ

バラエティー番組
いい旅・夢気分

吹き替え
ライオン・キング

大和田 伸也(おおわだ しんや、1947年10月25日 - )は、日本俳優声優ナレーターホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。福井県敦賀市出身。早稲田大学第一文学部中退

人物・来歴[編集]

1965年、大学入学後に鈴木忠志が立ち上げた自由舞台に所属。

1968年劇団四季へ入団[1]

1972年、『藍より青く』でのヒロインの夫役で広く知られる。

1977年、『犬神の悪霊』で映画初主演。

蜷川幸雄演出の『王女メディア』では北大路欣也とダブル主演を務めた(3度再演し海外公演も果たした)。

炎の女・秋瑾』で日本人として初めて中国映画に出演した

水戸黄門』では格さん役を演じ、印籠をかざす時に述べる「こちらにおわすお方を何方と心得る!畏れ多くも前の副将軍、水戸光圀公に在らせられるぞ!!」という口上文句を最初に確立した(「スーパーフライデー 水戸黄門スペシャル」(TBS、2003年7月25日放送)にて)。

ライオン・キング』の吹き替え版では王・ムファサを演じたことでも知られる。

家族[編集]

福井県の実業家、大和田荘七の子孫にあたる[2]。妻は女優の五大路子。長男は俳優の大和田悠太。次男はカルピスや日経新聞のCMで活躍中の俳優大和田健介。弟は俳優の大和田獏。弟・獏の妻は女優岡江久美子。姪(獏・久美子夫妻の長女)は女優の大和田美帆。ともに「大和田ファミリー」と称されている。また、新横浜ラーメン博物館創業者で社長の岩岡洋志は義理の弟(妻・路子の弟)である。

なお、路子夫人との結婚式での仲人は、『水戸黄門』で水戸光圀役を演じていた東野英治郎が務めた。路子夫人と交際を開始したのは『水戸黄門第9部最終回で共演したことがきっかけである。

弟の大和田獏とは、木下勝俊役で出演した大河ドラマおんな太閤記において勝俊の実弟小早川秀秋役で共演、役の上でも実の兄弟であった。

エピソード[編集]

  • 1998年に、コンビニでたむろしていた若者達を注意した際に、逆に襲われるという、いわゆる「おやじ狩り」に遭う。
この事件を元に2008年大晦日に放送されたダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!『絶対に笑ってはいけない新聞社24時』では、バスの中で高校生を注意する役を演じた。事件と同じく、返り討ちに合うという役柄であったが、バスを降りる際に左足首を怪我する(本人は、『ダウンタウンDX』で、演技だと言っている)。
  • 「アトムは、理想の息子」[3]と言うほど鉄腕アトムのファンで、さまざまなグッズが自宅リビングに飾られている。これを知った手塚プロダクション関係者により、2003年のテレビアニメ『アストロボーイ・鉄腕アトム』で天馬博士の声を担当した。
  • 巨人ファンであり、野球に対しての情熱も相当強く、長嶋茂雄を敬愛している。また、東京新聞のコラムではWBCの実現と日本代表の活躍を讃えていた。
  • 2010年9月27日放送の『芸能人カラオケ年の差グランプリ!!見せる聞かせる名曲ギャップショー』では、姪・美帆と共演込みで対戦、弟・獏がサプライズゲストで登場し、この3人の共演はテレビ初となった。
  • 早稲田大学総長(2016年現在時点)の鎌田薫自由舞台所属時の同級生である[4]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

「メルトダウン 〜福島第一原発 あのとき何が〜」 - 菅直人 役 ※再現ドラマ

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]

紀行番組[編集]

  • いい旅・夢気分(テレビ東京) - ナレーション・司会(1996年10月 - 2013年9月) ※スペシャルで、弟の大和田獏と共演、妻の五大も旅することがある
  • 大和田兄弟ぐるり鉄道旅!(BS朝日) - ナビゲーター
    • 大和田兄弟ぐるり鉄道旅!〜タイ王国 知られざる絶景と世界遺産〜(2014年1月6日)
    • 大和田兄弟ぐるり鉄道旅!〜ベトナム縦断2000km〜(2014年6月8日)
    • 大和田兄弟ぐるり鉄道旅!〜マレーシア知られざる絶景と世界遺産〜(2015年2月8日)
    • 大和田兄弟ぐるり鉄道旅!〜魅惑の台湾・・・美味と感動、絶景百景〜(2015年5月10日)
    • 大和田兄弟ぐるり鉄道旅!香港〜マカオ〜絶景百景!世界遺産30制覇の珍道中〜(2015年11月8日)

バラエティ[編集]

  • 環境野郎Dチーム(フジテレビ)
  • トーカ堂テレビショッピング
  • ズバリ!悩みおまかせ(サンテレビ
  • 金曜いきいきタイム(サンテレビ)
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!「遠藤の嫁千秋がいなくなった!?大捜索スペシャル」(2007年6月3日、日本テレビ)
  • いい味こだわり屋(テレビ東京)
  • お買得度満点! 大和田伸也と柏原芳恵の買物情報最前線(テレビ東京)
  • 北海道函館 とれたて!美味いもの市(テレビ東京)
  • オールスター感謝祭(TBS系)
  • ギャー!! どうする!? 緊急対処の専門学校(読売テレビ)
  • 新ラーメン伝説! 必食のNO.1決定戦(テレビ東京)
  • 趣味悠々NHK教育
    • 疑問解決!やりなおしパソコン講座(2009年4月 - 6月)
    • 今年こそパソコンの達人(2) 安心安全!使いこなそうインターネット・メール!(2009年7月 - 9月)
    • 今年こそパソコンの達人(3) デジタル写真活用術(2009年10月 - 12月)

CM[編集]

その他[編集]

監督作品[編集]

演出[編集]

  • ハムレットを撃て! ※五大路子大和田獏岡江久美子と共演
  • 胡桃・私が愛したハムレット
  • 愛しのジュリエット(2003年初演・2006年再演)
  • マウストラップ
  • 春にして君を離れ(2006年)

レコード・CD[編集]

出典[編集]

  1. ^ 大和田 伸也 “どらま館でも 世界を振り向かせるような演劇を” 「早稲田小劇場どらま館」早稲田演劇人インタビュー
  2. ^ この人物のオモテとウラ 「昼の顔」卒業 日刊ゲンダイ2009年9月2日掲載 2009年10月2日閲覧
  3. ^ スタジオパークからこんにちは 2008年6月2日放送
  4. ^ 大和田 伸也 “どらま館でも 世界を振り向かせるような演劇を” 「早稲田小劇場どらま館」早稲田演劇人インタビュー
  5. ^ “アストロボーイ・鉄腕アトム”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/51.html 2016年5月7日閲覧。 
  6. ^ “ブラック・ジャック スペシャル 〜命をめぐる4つの奇跡〜”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/122.html 2016年5月7日閲覧。 
  7. ^ “ブラック・ジャック ふたりの黒い医者”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/131.html 2016年5月7日閲覧。 
  8. ^ “BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/159.html 2016年5月7日閲覧。 
  9. ^ 福井新聞 (2012年5月23日). “大和田伸也監督、恐竜博物館でロケ 勝山、映画「恐竜を掘ろう」撮影で”. 2012年5月30日閲覧。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 沖縄県のみ沖縄セルラー電話名義。

外部リンク[編集]