山本春正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

初代山本 春正(やまもと しゅんしょう、慶長15年1月25日1610年2月18日) - 天和2年9月8日1682年10月8日))は、江戸時代初期の蒔絵師、地下歌人国文学者。通称は次郎三郎、次郎兵衛、治三郎。舟木と号する。蒔絵師山本家の祖となった。

概略[編集]

京都に生まれる。父は山本俊正といい、源義光の孫である山本義定の末裔という。[1]松永貞徳木下勝俊飛鳥井雅章に和歌を学び、伊藤仁斎を友とし漢籍にも通じたといわれる。漆工に巧みで蒔絵を得意とし、春正塗の名で世にもてはやされる。晩年は剃髪して法橋に叙せられ、舟木と号した。享年73で没し西林寺に葬られた。長男に山本景正[1]

国学者・漆山天童は春正を「多芸多能なること本阿弥光悦以後ただ一人」と評し、同時代では雛屋立圃に比せられるのみと賞賛した[2]

編著[編集]

  • 『挙白集』(1649年。10巻。木下勝俊の歌文集。兄弟弟子の打它公軌が編集していたが、公軌が他界したため春正が引き継いで完成させた。この翌年に尋旧坊という人物が『挙白集』を攻撃する目的で『難挙白集』を出版したことは近世歌壇史ではよく知られた事件である)
  • 絵入源氏物語』(1650年11月自跋。『源氏物語』の絵入り版本で、近世の源氏物語受容に大きな役割を果たした)
  • 『古今類句』(1666年)
  • 『正木のかづき』(1674年。徳川光圀の命により、主に地下歌人の歌を撰んだ歌集)
  • 『語句類葉集』
  • 『舟木集』(春正の和歌集)
  • 『法華経仮名新注抄』

春正の家系[編集]

春正の子、景正も蒔絵を職業にしてその技工を伝え継いだ。

  • 山本景正 - 姓を春正とする。
  • 山本政幸 - 剃髪し山本常照と号する。元文5年(1740年)に87才で没する。
  • 山本春継 - 宝暦12年(1762年)に柏木伴助と改名。明和7年(1770年)、68才で没する。
  • 山本正令 - 姓を春正とする。天明8年(1788年)の禁裏の火事で自身も被害に合い、寛政尾張へ移り住みその後剃髪。享和3年に没した。
  • 山本正之 - 文政8年(1825年)、剃髪し敬道と号する。天保2年(1831年)に58才で没する。
  • 山本正徳 - 静一庵と号する。53才で剃髪し正周に家督を譲る。
  • 山本正周 - 正之の末子。明治10年(1877年)に没した。
  • 山本正章 - 弘化3年(1846年)生まれ。明治11年に家督を正兼に譲る。
  • 山本正兼 [3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 横井, 1894 & 32頁.
  2. ^ 飯島, 1925 & 45ー46頁.
  3. ^ 以上系列は工芸鏡.2 32-33頁を参考にした。

参考文献[編集]

  • 飯島虚心 『蒔絵師伝・塗師伝』 吉川弘文館、1925年
  • 横井時冬 『工芸鏡.2』 六合館、1894年NDLJP:854118
  • 五十嵐公一 『山本春正「絵入源氏物語」の一受容例』 兵庫県立歴史博物館紀要 塵界 第26号、2015年3月31日、2015年

関連項目[編集]