詩仙堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
詩仙堂
Shisen-do.JPG
所在地 京都府京都市左京区一乗寺門口町27
位置 北緯35度2分37.39秒 東経135度47分46.06秒 / 北緯35.0437194度 東経135.7961278度 / 35.0437194; 135.7961278
山号 六六山
宗派 曹洞宗
本尊 馬郎婦観音(めろうふかんのん)
創建年 寛永18年(1641年
開基 石川丈山
正式名 六六山 詩仙堂 丈山寺 凹凸窠
文化財 詩仙堂(国指定史跡
法人番号 5130005002387 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
詩仙堂の添水(そうず)

詩仙堂(しせんどう)は、京都市左京区にある曹洞宗寺院山号は六六山。本尊は馬郎婦観音(めろうふかんのん)。現在は丈山寺という。江戸時代初期の文人石川丈山の山荘跡であり、国の史跡に指定されている。

歴史[編集]

詩仙堂は、徳川将軍家の家臣であった石川丈山寛永18年(1641年)に隠居のため、59歳の時に造営した山荘である。丈山は寛文12年(1672年)に90歳で没するまでここで詩歌三昧の生活を送った。後に寺院化されると、丈山にちなんで寺名は丈山寺とされた。

詩仙堂の中心となる建物は凹凸窠(おうとつか)と呼ばれる。凹凸窠とはでこぼこの土地に建てられた住居の意味であり、建物や庭園は山の斜面に沿って作られている。丈山は建物や庭にある10個の要素を「凹凸窠十境」と見立てた。現在では凹凸窠の中にある36詩仙(大陸の詩家36人)の肖像を掲げた詩仙の間にちなんで詩仙堂と呼ばれている。詩仙は日本の三十六歌仙にならい、丈山は林羅山と意見を交わしながらの各時代から選出した。肖像は狩野探幽によって描かれ、詩仙の間の四方の壁に掲げられている。

庭園造りの名手でもある丈山自身により設計された庭園「百花塢(ひゃっかのう)」は四季折々に楽しむことができ、特に春(5月下旬)のサツキと秋(11月下旬)の紅葉が有名で観光客で賑わう。縁の前に大きく枝を広げた白い山茶花も見所のひとつ。一般にししおどしとして知られる、添水(そうず)と呼ばれる仕掛けにより時折り響く音は、鹿の進入を防ぐという実用性とともに、静寂な庭のアクセントになっており丈山も好んだという。

境内[編集]

  • 凹凸窠(おうとつか) - 詩仙堂と呼ばれる。寛永18年(1641年)築。仏間もあり本堂ともなっている。詩仙の間には狩野探幽筆の36詩仙の肖像画が掲げられている。玄関上は3階建の「嘯月楼」となっており、その右手 (西側) には瓦敷の仏間と六畳、八畳の座敷、左手には四畳半の「詩仙の間」「読書の間」など多くの部屋がある。このうち嘯月楼と詩仙の間の部分のみが石川丈山の建築で、他は後世の改築である。
  • 躍淵軒(やくえんけん)
  • 膏肓泉(こうこうせん)
  • 庭園「百花塢(ひゃっかのう)」 - 丈山による作庭。
  • 僧都(添水、そうず) - ししおどし。ししおどしは丈山が考案したという。
  • 洗蒙瀑(せんもうばく)
  • 流葉はく(りゅうようはく)
  • 残月軒
  • 十方明峰閣(坐禅堂)
  • 中門「老梅関」
  • 山門「小有洞(しょうゆうどう)」

文化財[編集]

国指定史跡[編集]

  • 詩仙堂

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 岡田孝男『京の茶室 東山編』、学芸出版社、1989

外部リンク[編集]