木下利徽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

木下 利徽(きのした としよし、1787年1月19日天明6年12月1日) - 1851年10月7日嘉永4年9月13日))は、備中国足守藩の第9代藩主。足守藩木下家9代。

第8代藩主・木下利彪の長男。母は松平親盈の娘。子に木下利愛(次男)ら六男七女あり。幼名は定太郎。

寛政11年(1799年)8月9日、父利彪の隠居により、家督を継いだ。同年12月25日、備中国賀陽郡・上房郡内の領地22200石余を陸奥国伊達郡・信夫郡内に移される。享和2年(1802年)2月18日、将軍徳川家斉に拝謁する。父以上に病弱だったために政務が執れず、文化2年(1805年)7月29日伊勢国津藩から利徳を養嗣子として迎え、同年9月5日に隠居した。嘉永4年(1851年)9月13日、66歳で死去した。