安部龍太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安部 龍太郎(あべ りゅうたろう、1955年6月20日 - )は、日本小説家福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ。国立久留米工業高等専門学校機械工学科卒。本名 良法

東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。その間に数々の新人賞に応募し、「師直の恋」でデビュー。『週刊新潮』に連載した「日本史 血の年表」(1990年に『血の日本史』として刊行)で注目を集め、「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という伝説ができた[1]

著作に、『彷徨える帝』『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』など。2004年、『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を受賞。2013年、『等伯』で第148回直木賞受賞。

著作一覧[編集]

小説[編集]

  • 血の日本史(1990年11月、新潮社
  • 黄金海流(1991年12月、新潮社)
  • 彷徨える帝(1994年3月、新潮社)
  • 太閤の城(1994年12月、PHP研究所、文庫題「太閤の城 結城虎之介・残月剣」)
  • 室町花伝(1995年5月、文藝春秋、文庫題「バサラ将軍」)
  • 風の如く水の如く(1996年3月、集英社
  • 関ヶ原連判状(1996年10月、新潮社)
  • 密室大坂城(1997年1月、講談社
  • 金沢城嵐の間(1997年8月、文藝春秋)
  • 難風(1998年6月、講談社、文庫題「忠直卿御座船」「佐和山炎上」)
  • 神々に告ぐ(1999年7月、角川書店、文庫題「戦国秘譚 神々に告ぐ」)
  • 海神 孫太郎漂流記(1999年9月、集英社)
  • 開陽丸、北へ 徳川海軍の興亡(1999年12月、朝日新聞社、文庫題「幕末 開陽丸 徳川海軍最後の戦い」)
  • お吉写真帖 明治維新新技術事始め(2000年7月、文藝春秋、文庫題「お吉写真帖」)
  • 信長燃ゆ(2001年6月、日本経済新聞社
  • 生きて候(2002年10月、集英社)
  • 薩摩燃ゆ(2004年7月、小学館
  • 天馬、翔ける(2004年12月、新潮社、文庫題「天馬、翔ける 源義経」)
  • 浄土の帝(2005年7月、角川書店)
  • 天下布武 夢どの与一郎(2006年9月、角川書店)
  • 恋七夜(2007年2月、集英社)
  • 道誉と正成(2009年8月、集英社)
  • 下天を謀る(2009年11月、新潮社)
  • 蒼き信長(2010年1月、毎日新聞社
  • 葉隠物語(2011年3月、エイチアンドアイ
  • レオン氏郷(2012年9月、PHP研究所)
  • 等伯(2012年9月、日本経済新聞出版社
  • 五峯の鷹(2013年12月、小学館)
  • 冬を待つ城(2014年10月、新潮社)
  • 維新の肖像(2015年4月、潮出版社
  • 姫神(2015年8月、文藝春秋)
  • 義貞の旗(2015年10月、集英社)

随筆など[編集]

  • 天才信長を探しに、旅に出た(2002年6月、日本経済新聞社)
  • 戦国の山城をゆく 信長や秀吉に滅ぼされた世界(2004年4月、集英社新書
  • 名将の法則 戦国乱世を生き抜いた12人の知られざる"決断"とは(2006年8月、日本実業出版社
  • 武田信玄の古戦場をゆく なぜ武田軍団は北へ向かったのか?(2006年11月、集英社新書)
  • 徳川家康の詰め将棋 大坂城包囲網(2009年1月、集英社新書)
  • 安部龍太郎「英雄」を歩く(2013年7月、日本実業出版社)

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 縄田一男「解説」(新潮文庫版『血の日本史』収録)