田辺城の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田辺城の戦い
Maizuru Castle.jpg
田辺城 復興模擬二重櫓
戦争戦国時代
年月日:1600年
場所田辺城
結果後陽成天皇勅令で開城
東軍の戦略的勝利・西軍の戦術的勝利
交戦勢力
東軍(田辺城守備隊) 西軍(田辺城攻略軍)
指導者・指揮官
細川幽斎Kuyo (inverted).svg
三淵光行
小野木重次
前田茂勝Japanese crest Umebachi.svg
織田信包Japanese Crest Go Ka.svg
小出吉政家紋、丸に額など
戦力
500名 1万5000名
損害
不明 不明
関ヶ原の戦い

田辺城の戦い(たなべじょうのたたかい)は、慶長5年7月19日1600年8月27日) から9月6日10月12日)にかけて、丹後田辺城(現在の京都府舞鶴市)をめぐり起こった戦い。広義の関ヶ原の戦いの一環として戦われ、丹波福知山城小野木重次、同亀岡城前田茂勝らの西軍が、田辺城に籠城する細川幽斎(東軍)を攻めた。

経緯[編集]

豊臣秀吉の没後、政権の首座に就いた大老徳川家康は、度重なる上洛命令に応じず敵対的姿勢を強める会津上杉景勝を討伐するために、慶長5年(1600年)6月に諸将を率いて東下した(会津征伐)。家康と対立し、佐和山に蟄居していた石田三成は、家康の出陣によって畿内一帯が軍事的空白地域となったのを好機と捉え、大坂城に入り家康討伐の兵を挙げた。

西軍は、まず畿内近国の家康側諸勢力の制圧に務めた。上杉討伐軍に参加していた細川忠興丹後田辺城もその目標の一つで、小野木重次前田茂勝織田信包小出吉政杉原長房谷衛友藤掛永勝川勝秀氏早川長政長谷川宗仁赤松左兵衛佐山名主殿頭ら、丹波但馬の諸大名を中心とする1万5000の兵が包囲した。

忠興が殆んどの丹後兵を連れて出ていたので、この時田辺城を守っていたのは、忠興の実弟の細川幸隆と父の幽斎および従兄弟の三淵光行(幽斎の甥)が率いる500人にすぎなかった。

幸隆と幽斎は抵抗したものの、兵力の差は隔絶し、援軍の見込みもなく、7月19日から始まった攻城戦は、月末には落城寸前となった。

しかし西軍の中には、当代一の文化人でもある幽斎を歌道の師として仰いでいる諸将も少なくなく、攻撃は積極性を欠くものであった。当時幽斎は三条西実枝から歌道の奥義を伝える古今伝授を相伝されており、弟子の一人である八条宮智仁親王やその兄後陽成天皇も幽斎の討死と古今伝授の断絶を恐れていた。八条宮は使者を遣わして開城を勧めたが、幽斎はこれを謝絶し、討死の覚悟を伝えて籠城戦を継続。『古今集証明状』を八条宮に贈り、『源氏抄』と『二十一代和歌集』を朝廷に献上した。

ついに天皇が、幽斎の歌道の弟子である大納言三条西実条中納言中院通勝中将烏丸光広を勅使として田辺城の東西両軍に派遣し、講和を命じるに至った。勅命ということで幸隆と幽斎はこれに従い、9月13日に田辺城を明け渡し、敵将前田茂勝の居城である丹波亀山城に身を移されることとなった。

この戦いは西軍の勝利となったが、小野木ら丹波・但馬の西軍1万5000はこの間田辺城に釘付けにされ、開城から2日後の関ヶ原の戦い本戦に間に合わなかった。

関連項目[編集]


参考論文[編集]

  • 宮本義己「「三刀谷田辺記」が語る田辺城の60日」(『歴史読本』45巻12号、2000年)


外部リンク[編集]