前田茂勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
前田茂勝
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正10年(1582年
死没 元和7年(1621年
別名 彦四郎、主膳(通称)、秀利
霊名 コンスタンチノ
官位 従五位下主膳正
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠
丹波亀山藩主→丹波八上藩
氏族 前田氏
父母 前田玄以:不詳
兄弟 秀以三条西実条正室、長松院、石川忠総継室、一瀬仁左衛門室、正勝茂勝稲葉貞通継々室
テンプレートを表示

前田 茂勝(まえだ しげかつ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名丹波国亀山藩主、のち八上藩主。前田玄以の三男(次男とも)。

生涯[編集]

天正10年(1582年)、前田玄以の3男(次男とも)として誕生した。

文禄4年(1595年)にキリシタンとなる。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に与して、東軍方の細川幽斎が守る丹後国田辺城を攻め、開城の使者も務めた。その後、関ヶ原の戦いは西軍の敗北で終わるが、父・玄以が持つ朝廷とのパイプなどを考慮されて、戦後、父の所領・丹波亀山藩は安堵された。

慶長7年(1602年)、父・玄以が死去したために家督を継ぎ、丹波八上に移封され八上藩主となった。しかし、熱心なキリシタンであったために幕府に危険視され、また藩政を省みずに放蕩に耽り、終には発狂したという。諫言する家臣・尾池清左衛門父子を始めとする多くの家臣を切腹させたため、慶長13年(1608年)6月16日、幕府から改易を申し渡され、出雲国松江藩主で甥の堀尾忠晴に身柄を預けられた。改易後はキリシタンとして真面目な生活を送ったといわれている。

元和7年(1621年)に40歳で死去。

逸話[編集]

近江国水口宿で宿の主と乱闘し、取り押さえられて代官所に引き渡され、幕府の代官が茂勝だとわかり驚いたという。