松平信豪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信豪
時代 江戸時代後期
生誕 文化10年2月25日1813年3月27日
死没 慶応元年10月19日1865年12月6日
改名 英之助(幼名)、信豪
戒名 敬徳院殿
墓所 京都府亀岡市光忠寺
官位 従五位下、紀伊守、図書頭
幕府 江戸幕府
丹波亀山藩
氏族 形原松平家
父母 父:松平信志
兄弟 信賢信豪
正室:采姫酒井忠実の長女)
信敏信正、娘(松平信進正室)、昌子井伊直弼正室)、娘(牧野康哉正室)、他
養子:信義

松平 信豪(まつだいら のぶひで)は、丹波亀山藩の第6代藩主。丹波亀山藩形原松平家11代。幕府大老井伊直弼の舅に当たる。

文化10年(1813年)2月25日(異説として文化11年(1814年))、第5代藩主・松平信志の七男として生まれる。

文化13年(1816年)、父の死去により家督を継いだ。文政10年(1827年)12月、従五位下・紀伊守に叙任される。藩政では家臣や領民の教育化、藩校の拡張などに努めた。信豪が藩主の代では家老・奥平広胖(おくだいらこうはん)が改革を主導した。

天保14年(1843年)2月9日、養子信義に家督を譲って隠居する。慶応元年(1865年)10月19日(異説として10月27日)に死去した。享年53。