菅沼定昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
菅沼 定昭
Suganuma Sadaakira.jpg
菅沼定昭像
時代 江戸時代前期
生誕 寛永2年(1625年
死没 正保4年9月21日1647年10月18日
別名 左近(通称)
戒名 浄寂院殿傑叢全英大居士
墓所 京都府亀岡市西堅町の宗堅寺
官位 従五位下、左将監
幕府 江戸幕府
丹波亀山藩
氏族 菅沼氏
父母 父:菅沼定芳
兄弟 定昭定実定房定方定賞定之

菅沼 定昭(すがぬま さだあきら)は、丹波亀山藩の第2代藩主。

生涯[編集]

寛永2年(1625年)、丹波亀山藩の初代藩主(当時は近江膳所藩主)・菅沼定芳の長男として膳所で生まれる。嫡出の姉2人とは違い、庶出であった。寛永17年(1640年)、従五位下・左近将監に叙位・任官される。

寛永20年(1643年)、父の死去により家督を継いだ。このとき、異母弟の定実へ2000石、定賞へ1100石の知行地をそれぞれ分与し、4万1100石から3万8000石にまで直轄領が減った。

正保4年(1647年)9月21日、丹波亀山にて死去した。享年23。正室はまだ居なかった時期での不幸であったらしい。側妾も確認されておらず、嗣子もないために無嗣改易となった。翌年閏正月に弟の定実に1万石が与えられ、名跡相続は許された。