久世重之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久世 重之(くぜ しげゆき、万治2年(1659年) - 享保5年6月27日1720年8月1日))は、江戸時代中期の大名江戸幕府老中官位従四位下。官名は、はじめ讃岐守のち大和守。下総関宿藩第2代藩主、備中庭瀬藩主・丹波亀山藩主、三河吉田藩主、下総関宿藩(再封)初代藩主。関宿藩久世家2代。

関宿藩初代藩主・久世広之の三男。正室は大野藩主・土井利房の娘。子に暉之(四男)、広籌(五男)、広般(九男)、娘(松平康員正室)、娘(石川総慶正室)ら。

生涯[編集]

延宝7年(1679年)に関宿藩主となって以来、重之一代の間に下総関宿藩千葉県野田市関宿三軒家)から備中国庭瀬藩岡山県岡山市北区庭瀬)ついで丹波国亀山藩京都府亀岡市)さらに三河国吉田藩愛知県豊橋市)へとめまぐるしく転封を続け、宝永2年(1705年)に再び関宿に復帰する。元禄9年(1696年)11月に但馬出石藩小出氏が無嗣断絶となった際に出石領内で暴動が起こったが、隣国亀山藩を領していた重之がこれを鎮圧している。

幕府では45歳のときに三河吉田藩主時に寺社奉行に起用されたのを皮切りに、若年寄、ついで、下総関宿藩主になった翌年からの元禄12年(1713年) - 宝永4年(1720年)、老中を務める。この時期1万石を加増され、都合6万石となる。また、新井白石の学問の崇拝者として知られ、幕閣に味方の少ない正徳の治を側面から支持し、正徳金鋳造の責任者を担当している。

重之の死後、家督は四男の暉之が継いだ。

逸話[編集]

土芥寇讎記』に拠れば、若い頃は男色に耽り、色白で化粧をした男性を好んでいたが、長じてその趣味を止めた、とされている。また同書では「(儒学に対して)無学無能」とされている。

経歴[編集]

墓所は、本妙寺 (東京都豊島区)