松平信岑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信岑
時代 江戸時代中期
生誕 元禄9年9月10日1696年10月5日
死没 宝暦13年11月20日1763年12月24日
改名 九十郎・又七郎(幼名)、信岑
戒名 周誉道慧宏源院
墓所 京都府亀岡市光忠寺
官位 従五位下、従四位下、佐渡守、紀伊
幕府 江戸幕府 寺社奉行奏者番
丹波篠山藩主→丹波亀山藩
氏族 形原松平家
父母 父:松平信庸、母:前田利明の娘
正室:内藤義孝の娘
継室内藤義英の娘内藤清枚の娘
養子:信直
養女:中山政信正室本多忠弘正室

松平 信岑(まつだいら のぶみね)は、丹波篠山藩の第5代藩主。後に丹波亀山藩の初代藩主となる。丹波亀山藩形原松平家6代。

生涯[編集]

元禄9年(1696年)9月10日、丹波篠山藩の第4代藩主・松平信庸の長男として生まれる。宝永7年(1710年)12月に従五位下、佐渡守に叙任される。享保2年(1717年)、父の死去により家督を継いだ。

享保20年(1735年)に寺社奉行奏者番を兼任する。しかし父と違って暗愚だったため、享保の大飢饉で苦しむ領民に重税を強いて悪政を敷いたことにより、寛延元年(1748年)8月3日に追放されるように丹波亀山へ移封された。

宝暦6年(1756年)、従四位下に昇位する。宝暦13年(1763年)11月20日に死去した。享年68。跡を甥で養子信直が継いだ。