松平忠質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠質
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 文化6年2月4日1809年3月19日
死没 文久元年8月15日1861年9月19日
別名 邦之助(通称
戒名 翠松院殿凌雲源栄大居士
墓所 東京都港区の大円寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
氏族 大河内松平氏五井松平氏
父母 父:松平信明、母:美遠(側室 服部氏)
養父:松平忠元
兄弟 某、信順、篤之助、泉吉郎、本庄道貫信厚津軽順承、某、深井信恭、某、忠質内藤忠行大森頼実阿部正瞭
孝、雅(酒井忠器室)、栄、従(安藤信由室)、錦(仙石政美室)、厚(松平正敬室)、睦(永井直養室)、庸(建部政醇室)
忠凱弘之助

松平 忠質(まつだいら ただかた)は、江戸時代後期の旗本寄合)。五井松平家15代当主。石高は5500石余。

生涯[編集]

文化6年(1809年)2月4日、三河吉田藩3代藩主松平信明の十一男として江戸辰ノ口の吉田藩上屋敷で生まれる。文化9年(1812年)8月27日に旗本松平忠元(忠考)の養子となる。文政2年(1819年)閏4月13日、吉田藩邸から養家の五井松平邸に引越す。文政3年(1820年)に養父が没し、9月4日に家督を相続する。天保2年(1831年)7月24日に火消役、天保5年(1834年)9月25日に百人組頭となる。天保6年(1835年)7月24日、眼病により御役御免となる。天保11年(1840年)8月4日に隠居し、嫡男の忠凱が家督を継いだ。文久元年(1861年)8月15日に死去。享年53。

参考文献[編集]

  • 『寛政譜以降旗本家百科事典』第5巻
  • 『豊橋市史』第6巻