松平忠喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠喬
時代 江戸時代前期から中期
生誕 天和2年(1682年
死没 宝暦6年2月5日1756年3月5日
別名 勝千代、与七郎(幼名)
戒名 仁誉興徳道融霊台院
墓所 兵庫県尼崎市の深正院
官位 従五位下、従四位下、遠江守、石見
信濃飯山藩主→遠江掛川藩主→摂津尼崎藩主
氏族 松平氏桜井松平家
父母 父:松平忠継、母:本多康将の娘
兄弟 忠敏忠喬
正室:戸田忠真の娘
側室:岩崎氏、土屋氏
忠名(次男)、忠義(三男)
娘(喜連川茂氏正室)、娘(毛利広豊正室)
娘(松平親純正室)、娘(三宅康高正室)
娘(安部信平正室、のち松平昌信正室、
飛鳥井雅重室)

松平 忠喬(まつだいら ただたか)は、信濃飯山藩の第2代藩主、のち遠江掛川藩主を経て、摂津尼崎藩の初代藩主。尼崎藩桜井松平家4代。

天和2年(1682年)(異説として天和3年(1683年)1月9日)、飯山藩初代藩主・松平忠倶の長男・忠継の次男として生まれる。父の忠継は病弱だったために廃嫡され、忠喬の兄・忠敏が祖父の世子に指名されていたが、その忠敏も早世したため、忠喬が祖父から世子として指名された。元禄9年(1696年)の祖父の死去により家督を継いだ。

宝永3年(1706年)1月28日、遠江掛川に移封される。宝永8年(1711年)2月11日に摂津尼崎に移封され、その初代藩主となった。幕命により朝鮮通信使の接待役、江戸城西の丸大手門番、日光東照宮の警護役などを務めている。寛延4年(1751年3月20日、家督を次男の忠名に譲って隠居する。宝暦6年(1756年)2月5日に死去した。享年75。

関連項目[編集]