北条氏重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
北条 氏重
Hōjō Ujishige.jpg
北条氏重像(上嶽寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 文禄4年(1595年
死没 万治元年10月1日1658年10月27日
改名 久太郎(幼名)
墓所 和歌山県伊都郡高野町高野山奥の院
静岡県袋井市の上嶽寺
官位 従五位下、出羽
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光家綱
下総岩富藩主→下野富田藩主→遠江久野藩主→下総関宿藩主→駿河田中藩主→遠江掛川藩
氏族 保科氏玉縄北条氏
父母 父:保科正直、母:多却久松俊勝の娘)
養父:北条氏勝
兄弟 松平家広松平忠頼保科正光保科正貞氏重栄姫黒田長政継室)、安部信盛正室、貞松院(小出吉英正室)、加藤明成正室
養兄弟:北条繁広
杉原長房の娘
内藤忠清正室、鶴姫(土方雄高正室)、近藤重信正室、大岡忠高正室、酒井忠時正室

北条 氏重(ほうじょう うじしげ)は、江戸時代前期の大名下総岩富藩2代藩主、下野富田藩主、遠江久野藩主、下総関宿藩主、駿河田中藩主、遠江掛川藩主。

保科正直の四男。母の多却徳川家康の異父妹。大岡忠相の外祖父にあたる。

慶長16年(1611年)、後北条氏の一門である北条綱成の孫・氏勝養子となり、下総岩富1万石を継ぐ。その後、慶長18年(1613年)に下野富田に転封された。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では榊原康勝に属し、岡崎城の守備にあたる。その後、伏見城番を務め、元和5年(1619年)に遠江久野に転封され、寛永17年(1640年)に下総関宿で2万石加増され、正保元年(1644年)駿河田中の5000石加増を経て、慶安元年(1648年)最終的に掛川3万石を領するが、5人の子がすべて女子であったため、万治元年(1658年)10月1日に64歳で死去した後、嗣子なく12月22日付で改易となった。その後は、北条綱成系の北条氏では義兄の繁広(氏勝の実弟でその養子となっていた)の家系が旗本として存続した。

『廃絶録』に伝えられるところでは、氏重は秘蔵の黒い馬で鷹狩に出掛けた際に落馬して死んだため、家臣が主君の敵として馬を槍で突き殺したという話が世間に流布したことや、末期養子が認められなかったことが改易の原因とされている[1]。ただし、64歳で男子がないというのは普通は養子を考えておくはずの年齢であり、養子の届け出がなされていなかったこと自体が不審ではある。

脚注[編集]

  1. ^ 須田茂『徳川大名改易録』(崙書房出版、1998年)186頁

関連作品[編集]

  • 宮本昌孝『青嵐の馬』(家康と多却の間の隠し子という設定で描かれている)