北条綱重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北条綱重

北条 綱重北条 氏信(ほうじょう つなしげ/ほうじょう うじのぶ、生年未詳 - 永禄12年12月6日1570年1月12日))は戦国時代の武将[1]北条幻庵(長綱)の次男。氏信輩行名新三郎[1]。兄弟には北条長順、鶴松院(吉良氏朝室)がいる。子は北条氏隆、妻は西園寺公朝の娘[1]。三代目武蔵小机城城主[1]北条氏康和歌の添削を依頼するほど、和歌の造詣が深かったとされる(喜連川文書)[1]

永禄3年(1560年)、兄の三郎が夭折したため、父幻庵より家督を譲られ、永禄6年に小机城主となる。永禄11年に甲相駿三国同盟を結んでいた武田信玄駿河侵攻すると、北条氏は今川氏に助勢することになり、駿河に出兵した際に蒲原城静岡県静岡市清水区)を預かった。

永禄12年(1569年)12月、第五次川中島の戦いを終えた武田軍が、武田勝頼を総大将、典厩信豊(信玄の弟・信繁の子)、山県昌景らを大将として襲来。北条軍では、弟・長順をはじめとする1000余で篭城するが、勝頼、信豊の猛攻で激戦となるが、同日中に落城した。この結果、綱重、長順、それに狩野新八郎、清水太郎左衛門、笠原為継、荒川長宗ら城将は悉く討死した。綱重は真田幸隆信綱親子率いる真田勢に討ち取られたという(真田文書)[1]

北条新三郎の墓
静岡県三島市の祐泉寺)

墓所は静岡県三島市の祐泉寺。戒名は三光院殿孝誉良玄大居士、家督は嫡男氏隆が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]