西園寺公朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺公朝
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正12年(1515年
死没 天正18年6月22日1590年7月23日
別名 号:慈光院
官位 従一位左大臣
主君 後奈良天皇正親町天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺実宣、母:正親町三条実望
兄弟 公朝実源実雄、慶福院
万里小路秀房娘、家女房
実益花山院定熙松木宗満室、
三条西公国室、北条綱重
テンプレートを表示

西園寺 公朝(さいおんじ きんとも)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての公卿左大臣西園寺実宣の子。官位従一位・左大臣。

経歴[編集]

享禄2年(1529年)に叙爵。以降清華家当主として速いスピードで累進し、侍従左近衛少将・左近衛中将を経て、天文5年(1536年)には従三位となり、公卿に列する。その後も権中納言権大納言右近衛大将などを経て、天文22年(1553年)に内大臣および左近衛大将に任じられる。天文23年(1554年)には右大臣となる。弘治3年(1557年)には左大臣に転じる。以降戦乱期に20年近くにわたり左大臣に在職する。永禄元年(1558年)に左近衛大将を辞す。翌年に従二位へ進み、踏歌節会内弁を務めた。

天正4年(1576年)に左大臣を辞した。

系譜[編集]