北条長順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北条 長順(ほうじょう ちょうじゅん、? - 永禄12年12月6日1570年1月12日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将覚胤の名も残る[1]北条幻庵の三男で後北条氏の家臣[1]。公名を箱根少将[2]

生涯[編集]

箱根権現に入寺しており、箱根権現社別当職を継承することを予定されていたとされる[2]

永禄12年(1569年)、武田氏による駿河侵攻からの北条氏との敵対により、三増峠の戦い後の第三次駿河侵攻の際に武田勝頼の攻撃を受け、駿河蒲原城静岡県)に篭城するが落城、兄である氏信(北条綱重)と共に討死した[1]

法名は融深(妙覚院融深殿)[1]。法名は他に長順・覚胤と伝えられている[3]融深の「融」字は宗哲から別当職を継承した融山の一字を承けたものであり、「長」「覚」の字も、父の関係者に多く見られるものであるから、法系ごとに数種の法名を有していたと考えられている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 下山(2006)p559
  2. ^ a b c 北条早雲とその一族 2007, pp. 162.
  3. ^ 『小田原編年録』所収系図

参考文献[編集]

  • 下山治久 『後北条氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2006年。ISBN 4-490-10696-3 
  • 黒田基樹 『北条早雲とその一族』新人物往来社、2007年7月。ISBN 978-4-404-03458-8