牧野成貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牧野成貞像(笠間稲荷神社蔵)

牧野 成貞(まきの なりさだ、寛永11年11月29日1635年1月17日) - 正徳2年6月5日1712年7月8日))は、上野館林藩家老、のち第5代将軍徳川綱吉側用人下総関宿藩主。名は成恒とも。通称は蔵人、兵部、大夢。越後長岡藩主、三河牧野氏の支族。成貞系牧野家初代。

年譜[編集]

苦悩[編集]

  • 異例の出世を遂げた成貞であったが、妻の阿久里と娘の安は徳川綱吉のお手つきにされたとする説がある。
  • 綱吉の傍若無人に耐えかね、「牧野家は自分一代限りにしたい」と漏らしたとする説がある。
  • 綱吉の寵愛が柳沢吉保に移りつつあった頃は、苦悩を深めたとする説がある。

家族[編集]

息子
  • 長女:松子(寛文7年(1667年) - 貞享4年(1687年)5月3日) - 永井貞清(永井十郎左衛門)と結婚。院号は玉心院。墓所は全勝寺。また、元禄4年(1691年)9月に阿久里の建てた石碑がある。
  • 次女:(寛文9年(1669年) - 元禄2年(1689年)9月3日) - 天和元年(1681年)12月に、成貞の養子の成時と結婚。
  • 三女:亀(寛文11年(1671年) - ?)
養子
  • 牧野成時(寛文3年(1663年) - 貞享4年(1687年)) - 信濃黒田用綱の四男。母は都築為次の養女。幼名は直逵、惣右衛門、兵部。天和元年(1681年)12月に成貞の次女の安と結婚。天和2年(1682年)12月14日従五位下、同年に美濃守になる。安が大奥に入った夜に切腹したとも、貞享4年(1687年)9月27日に食傷で死亡した(戸田茂睡「御当代記」)ともいわれる。
  • 牧野成春(天和2年(1682年) - 宝永4年(1707年)) - 家臣の大戸吉房(阿久里の父方の伯父)の息子。母は大戸吉勝の娘。幼名は秀寿丸、式部。元禄6年(1693年)4月18日に徳川綱吉の指示で養子となる。
  • 初姫 - 瑞春院の妹婿の白須政安(白須才丘衛)の娘で、遠藤數馬(遠藤数馬)の妹。戸田氏成と結婚。
  • ? - 大戸吉勝の娘で、阿久里の妹。六郷政晴と結婚。
  • ? - 大戸半弥某の娘。屋代忠知と結婚。

登場作品[編集]

映画
テレビドラマ
小説

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし舘林藩主の綱吉は江戸に在府しており、舘林には将軍家綱に付して日光に参拝した帰り、生涯ただ一度のみである。
  2. ^ ただし、江戸時代初期には、徳川家康に5,000石級の旗本である秋元泰朝松平正綱が近侍しており『藩翰譜』では「御近習出頭役」と呼ばれていた。(笹間良彦『江戸幕府役職集成』雄山閣出版 1999年11月)

関連項目[編集]

  • 三井高利 - 三井家の祖。江戸において同業者から商売の妨害を受けた際、これに同情した成貞の計らいで幕府御用達に抜擢されたという。
  • 本因坊道悦 - 囲碁本因坊家3世家元。囲碁を趣味としていた成貞は、道悦に入門の手続きをして正式に本因坊家門下となっている。
  • 安井算知 - 囲碁安井家2世家元。成貞が自分の実力に疑問を感じて他流試合を申し込んだ相手。成貞が二子置いて2目勝ちを収める。もっともこれには、師匠である道悦の面目をつぶさないようにという算知の配慮もあった。

外部リンク[編集]