牧野安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

牧野 安(まきの やす、寛文9年(1669年) - 元禄2年9月3日1689年10月15日))は、下総国関宿藩の嫡子・牧野成時正室。異母弟に牧野貞通

生涯[編集]

下総関宿藩主・牧野成貞の次女として生まれる。母は大戸阿久里。成貞には男子が生まれなかったため、安の婿に黒田用綱四男の成時を迎えた。

しかし、5代将軍・徳川綱吉が牧野邸を訪れた際に、安に惚れ込み手を出したとされ、夫の成時はその際に切腹したと言われている。

牧野家では安だけでなく、母の阿久里も綱吉のお手付きとなったとされ、阿久里は『幕府祚胤伝』などに側室として記録されている一方で、安の名前はどこにも記録されていない。また、阿久里と安が大奥へ入ったという話は後世の創作という説もあり、成時の死因についても食傷とする説(戸田茂睡『御当代記』)もある。

元禄2年(1689年)9月3日、死去。享年21。

登場作品[編集]

参考文献[編集]