黒田用綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
黒田 用綱
時代 江戸時代前期
生誕 元和2年(1616年
死没 寛文12年11月7日1672年12月25日
別名 直相、三十郎、左京、源右衛門(通称
戒名 泰岳道安居士
墓所 東京都文京区小石川伝通院
官位 従五位下、信濃
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光家綱綱吉
上野館林藩家老
氏族 近藤氏黒田氏
父母 父:近藤用勝、母:富田一白の娘
養父:黒田直綱
正室:都筑為次の養女
三十郎、娘(中山直張正室)、左京、
直常牧野成時、娘(大河内信久正室)
養子:直邦

黒田 用綱(くろだ もちつな)は、江戸時代前期の旗本館林徳川家家臣。

紀州藩近藤用勝の六男で、黒田直綱の養子となる。寛永元年(1624年)に家督を継ぎ、将軍徳川秀忠に拝謁する。寛文元年(1661年)、徳川綱吉上野館林藩襲封に伴い家老となり3000石を賜る。四男直達は牧野成貞の婿養子に入り牧野成時を名乗るが、若くして没している。娘婿の中山直張の三男の直邦を養子とした。