板倉勝清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

板倉 勝清(いたくら かつきよ、宝永3年(1706年) - 安永9年5月28日1780年6月30日))は、江戸時代中期の大名。官位は従四位下・佐渡守・侍従。はじめ15,000石。陸奥泉藩主→遠江相良藩主→上野安中藩主。老中重形系板倉家3代。

人物[編集]

板倉重同の長男。母は細川興栄の娘(庶子との説もある)。正室は板倉重冬の娘。子は板倉勝暁(長男)、北条氏興(次男、玉縄北条氏に養子入り)、内藤正久(三男)、本堂親房(四男)、板倉勝矩(五男)、板倉勝意(六男)、娘(太田資俊正室、板倉重治養女)、娘(水野忠見正室)、娘(土井利厚正室)らがいる。

略歴[編集]

幕府では長年若年寄を勤め、泉から相良、さらに安中とめまぐるしく増転封を繰り返す。延享4年(1747年)には分家の旗本7000石板倉勝該が勝清を殺害しようとして誤って肥後熊本藩細川宗孝を殺害するという事件が発生した。本家筋にあたる勝清が素行不良の勝該を廃嫡しようとしたところ逆上しての事件といわれる(異説もある)。

寺社奉行、若年寄、側用人、西丸老中を経て、明和6年(1769年)には本丸老中に起用される。安永9年(1780年)まで務め、在職のまま没した。跡は長男の勝暁が継いだ。

経歴[編集]

関連項目[編集]