久世暉之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
久世 暉之
時代 江戸時代中期
生誕 元禄12年(1699年
死没 寛延2年8月18日1749年9月29日
改名 源五郎(幼名)、暉之
墓所 本妙寺
官位 従五位下、隠岐守、讃岐
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
下総関宿藩
氏族 久世氏
父母 父:久世重之
兄弟 暉之広籌広般
正室津軽信寿の娘
養子広明

久世 暉之(くぜ てるゆき)は、下総関宿藩の第3代藩主。関宿藩久世家3代。

生涯[編集]

元禄12年(1699年)、第2代主(当時は三河吉田藩主)久世重之の四男として三河吉田で生まれる。兄3人が早世したために世子となり、正徳3年(1713年)3月7日に従五位下・隠岐守に叙位・任官する。享保5年(1720年)、父の死去により家督を継いだ。このとき、弟の久世広籌に5000石を分与した。

寛保2年(1742年)、寛保二年江戸洪水により、関宿城および領内に甚大な被害を受ける。

延享2年(1745年)9月3日に讃岐守に遷任する。寛延元年(1748年)8月22日に養子広明に家督を譲って隠居する。

寛延2年(1749年)8月18日に死去した。享年51。