関宿城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
関宿城
千葉県
関宿城模擬櫓
関宿城模擬櫓
城郭構造 平城
天守構造 なし (模擬櫓、層塔型3重3階)
築城主 簗田満助
築城年 室町時代
主な改修者 松平康元
主な城主 簗田氏後北条氏松平氏
小笠原氏牧野氏久世氏
廃城年 明治4年(1871年
遺構 移築城門・御殿
指定文化財 なし
再建造物 模擬櫓(博物館)
位置 北緯36度5分48.34秒
東経139度46分48.61秒

関宿城(せきやどじょう)は、千葉県野田市関宿三軒家にあった日本の城である。室町時代簗田満助または簗田成助によって築かれたとされ、以降から簗田氏の嫡流の関宿簗田家の居城になったと伝わる。江戸時代には関宿藩の藩庁が置かれた。

概要[ソースを編集]

江戸川をさえぎるような縄張りを持っていた。利根川水系等の要地であり、関東の水運を押さえる拠点であった。

戦国時代には関東の中心部における最重要拠点であった。関東の制圧を目論む北条氏康は「この地を抑えるという事は、一国を獲得する事と同じである」とまで評した。

戦国時代末期には、北条方と上杉方の間で激しい争奪戦が繰り広げられた(関宿合戦)。北条氏康・氏政氏照父子が、上杉謙信佐竹義重の援助を受けた簗田晴助の守る関宿城を、3度に渡り攻撃。最終的には北条氏がこれを制し、北関東進出の拠点とした。

建造物としては(譜代大名クラスの城によくある事例だが)「御三階櫓」と呼ばれる天守状のが代用として建築され、1671年に再建された際には江戸城の富士見櫓を模して再建されたという。現在千葉県立関宿城博物館に御三階櫓を模した模擬櫓があるが、この模擬櫓は1995年に建てられたもので、城跡とは無関係な場所に建てられている。藩政時代に御三階櫓が築かれた場所は河川改修により旧状をとどめていない。

河川改修および圃場整備のため遺構の保存状態は良くない。建造物に関しては、埋門と大手門と伝わる門が市内に、関宿城の城門と伝わる薬医門が逆井城に、それぞれ移築され現存する。

また、市内関宿台町にある元藩主久世家の菩提寺である実相寺の客殿は、文久2年(1862年)に坂下門外の変、また公武合体(または外交方針である航海遠略策)の失敗などの責任を問われ、失脚した前老中久世広周が謹慎した関宿城本丸新御殿の一部を明治4年(1871年)に移築したものと伝わり、市の名所となっている。

年表[ソースを編集]

関宿城(伝明治初期撮影)
関宿城址(本丸跡)と模擬櫓遠景

歴代城主[ソースを編集]

  1. 松平康元 - 徳川家康の異父弟
  2. 松平忠良
  3. 松平重勝
  4. 小笠原政信
  5. 小笠原貞信
  6. 北条氏重
  7. 牧野信成
  8. 牧野親成
  9. 板倉重宗
  10. 板倉重郷
  11. 板倉重常
  12. 久世廣之
  13. 久世重之
  14. 牧野成貞
  15. 牧野成春 - 1693年に成貞の養子となる
  16. 久世重之
  17. 久世暉之
  18. 久世広明 - 1743年に暉之の養子となる
  19. 久世広誉
  20. 久世広運 - 関宿藩校教倫館をつくる
  21. 久世広周
  22. 久世広文
  23. 久世広業 - 最後の城主

関宿城に関連する作品[ソースを編集]

国枝史郎『大鵬のゆくえ』に次のように描かれている。

追っかけ追っかけその後から幾組かの諸侯方の同勢が、いずれも小人数の供を連れ、写山楼差してやって来た。
五万八千石久世大和守。――常州関宿の城主である。喜連川の城主喜連川左馬頭――不思議のことにはこの人は無高だ。

— 国枝史郎「大鵬のゆくえ」、初出『サンデー毎日』1925(大正14)年1月

交通アクセス[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 黒田基樹『戦国関東の覇権戦争』洋泉社、2011年、pp75-76

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]