丹後田辺藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丹後田辺藩の藩庁がおかれた田辺城(舞鶴城)

田辺藩(たなべはん)は、江戸時代丹後国にあったの一つ。舞鶴藩(まいづるはん)と呼称されることも多い。藩庁は田辺城京都府舞鶴市)。

前史[編集]

丹後国は元々一色氏守護を務める国であったが、天正7年(1579年)、細川藤孝明智光秀とともに反信長連合の一角だった一色氏らを滅ぼし、丹後国丹波国を制圧する功績を挙げた。藤孝は恩賞として丹後一国を与えられ田辺城を築き、舞鶴を拠点に丹後一国を治めた。その後、天正10年(1582年)6月2日に親戚関係にあった明智光秀本能寺の変を起こし、藤孝自身も加担するよう誘われるが、反光秀の立場を貫き、羽柴秀吉から丹後の本領を安堵されている。しかし藤孝は、親戚であった光秀の裏切りの責任を取る形で嫡男の忠興に家督を譲って隠居した。その際、隠居城として宮津城を築き、丹後舞鶴から移った。しかし慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの際には再び舞鶴城に戻り、留守中の息子の代理を務めた。戦後、細川氏豊前国中津藩へ転封された。代わって信濃国飯田より、京極高知が田辺城に入城した。

藩祖・京極高三[編集]

京極家近江源氏佐々木氏の末裔であり、有名な佐々木道誉(京極高氏)の子孫である。京極高知は嫡男の高広宮津藩に、三男の高三舞鶴藩田辺藩)に、甥で婿養子の高通峰山藩に入れ、丹後を3藩に分割統治させた。高三を祖として、1622年、ここに初めて舞鶴藩(田辺藩)が成立した。藩域は丹後加佐郡全域で、現舞鶴市および宮津市由良、福知山市大江に相当する。

寛永13年、京極高直が2代藩主となった。3代京極高盛寛文3年(1663年)に弟の高門に2千石を分知し、また寛文8年(1668年)には但馬国豊岡藩に転封となった。

代わって同年に、牧野親成富成兄弟が摂津国より3万5000石で入城する。以後、牧野家によって明治維新を迎え、舞鶴県に至った。

田辺牧野家について[編集]

藩祖は牧野讃岐守康成。康成は初名を正勝、通称を半右衛門という。その父は牛久保牧野氏寄騎の牧野山城守定成(八大夫)とされる。三河国在住時代は宝飯郡平井(現・愛知県豊川市平井町)に知行地があった。永禄8年(1564年徳川氏に所属し、翌年8月平井(92貫文の地)を安堵されている。

なお、定成(この実名にも諸説有り)以前の牧野山城守の系譜は確定したものが知られていない。牛久保城主一門にしてはなぜ寄騎の扱いであったか不明な点も多い。安土桃山時代以前の牧野氏のルーツは不明な点や矛盾が多く、複数の異なった系譜が伝わり、また徳川氏帰属後は反徳川の急先鋒だった三河牛窪城主・牧野保成との関係を意図的に遠ざけたとも考えられ、これも系譜関係の不明確さの一因となっている。田辺藩主牧野氏と長岡藩主牧野氏との系譜関係を完全・確実に伝える史料は知られていない。

天正18年(1590年)に康成は武蔵国足立郡石戸に5千石を与えられ、康成の三男の信成慶長4年(1599年)父の遺跡を継ぎ、慶長11年(1606年)より大番頭、小姓組番頭、書院番頭などを歴任した。寛永10年(1633年)の加増で大名に列し、武蔵国石戸藩1万1千石として立藩する。正保元年(1644年)の加増で関宿城主となり、下総国関宿藩入封となる。信成の子親成が段々に加増され、寛文8年(1660年)に封地を移されて丹後田辺藩3万5千万石の藩主になった。以後、幕末まで歴代が同藩で封を重ね、明治維新後に旧藩主家は子爵となり華族に列した。

歴代藩主[編集]

京極家[編集]

外様 3万5千石→3万3千石 (1600年 - 1668年) 

  1. 高三(たかみつ)
  2. 高直(たかなお)
  3. 高盛(たかもり)分知により3万3千石

牧野家[編集]

譜代 3万5千石 (1668年 - 1871年)

  1. 親成(ちかしげ)
  2. 富成(とみしげ)
  3. 英成(ひでしげ)
  4. 明成(とししげ)
  5. 惟成(これしげ)
  6. 宣成(ふさしげ)
  7. 以成(もちしげ)
  8. 節成(ときしげ)
  9. 誠成(たかしげ)
  10. 弼成(すけしげ)

系図(牧野氏)[編集]

凡例 太線は実子、細線は養子を示す。また、太字は田辺藩主歴代・数字は襲封順を表す。
牛久保六騎牧野家)            
  定成(山城守)         
   ┃    
    康成(半右衛門)
   ┃                  
    信成(内匠・関宿藩主)   村越吉勝   
   ┣━━━┳━━━━━━━┓│
 1親成   2富成           村越直成(村越吉勝へ養子)
                     ┃     
                           3英成(村越家より養子)      
                             ┃
                           4明成    
                     ┃     
                   5惟成
                   ┏━━╋━━┓ 
                  則成 福成6宣成
                     ┏━━┫
                   7以成 允成
                        ┃  
                      8節成     
                        ┃  
                      9誠成    
                        ┃       
                     10弼成         

幕末の領地[編集]

舞鶴県[編集]

舞鶴県(まいづるけん)は、廃藩置県により1871年(明治4年)に設置された。同年10月に豊岡県に統合され消滅した。県域は現在の京都府舞鶴市旧大江町宮津市由良のほぼ全域。

舞鶴県は廃藩置県により各藩が県と改編されたもので、約3ヶ月だけ存在した。そもそも舞鶴は丹後田辺藩であったが、和歌山県紀伊田辺藩と重複することから太政官の命により、丹後田辺城の雅名であった舞鶴城から藩名をとって舞鶴藩にしたものである。県庁は舞鶴城におかれ、後に同じ丹後国宮津県峰山県とともに豊岡県に統合された。

沿革[編集]

  • 1871年(明治4年)7月14日:廃藩置県により旧田辺藩(舞鶴藩/3.5万石)が舞鶴県として発足。
  • 1871年(明治4年)11月22日:豊岡県に統合
  • 1876年(明治9年)8月22日:豊岡県廃止により京都府へ編入。

参考文献[編集]

先代:
丹後国
行政区の変遷
1600年 - 1875年
(田辺藩→舞鶴藩→舞鶴県)
次代:
豊岡県