牧野惟成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
牧野惟成
時代 江戸時代中期
生誕 享保13年11月28日1728年12月28日
死没 天明3年6月12日1783年7月11日
改名 直三郎(幼名)、惟成
戒名 嶺松院殿信誉操貞忠山大居士
墓所 埼玉県鴻巣市本町の勝願寺
官位 従五位下、豊前
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行
丹後田辺藩
氏族 牧野氏
父母 父:牧野明成、母:松平乗邑の娘・ヒサ
兄弟 八重之丞、惟成韶成、、村越房成、ほか
正室:南部利視の娘・アイ(真涼院)
側室:カン
則成武成(次男)、福成満成(四男)、宣成
尚成(六男)、尹成(七男)、娘(牧野美成養女)、
娘(一柳頼欽正室のち松平正愛継々室)、
娘(有馬則明正室)、娘(川口恒久室)
テンプレートを表示

牧野 惟成(まきの これしげ)は、丹後田辺藩の第5代藩主。丹後田辺藩牧野家6代。

経歴[編集]

享保13年(1728年)11月28日、第4代藩主牧野明成の三男として江戸で生まれる。長兄の八重之丞や次兄が早世したために世子となり、寛延3年(1750年)に父が死去したため家督を継いだ。宝暦6年(1756年)3月には領内で百姓一揆が起こっている。明和4年(1767年)に牧野氏が田辺藩に入って100年を祝った記念祭を行なっている。明和5年(1768年)7月に奏者番に任じられた。安永6年(1777年)9月に寺社奉行に任じられた。

天明3年(1783年)6月12日(江戸幕府の記録では7月23日)に死去。享年56。跡を五男の宣成が継いだ。