明石藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

明石藩(あかしはん)は、播磨国明石郡(兵庫県明石市神戸市西区、神戸市垂水区など)を領した藩。藩庁は明石城に置かれた。

明石城跡

藩史[編集]

譜代御家門大名が頻繁に入れ替わった。

江戸時代初頭は播磨一国を支配する姫路藩池田氏の所領であった。元和3年(1617年)、池田光政鳥取藩に転封となると、播磨の所領は、松平信康の娘・峯高院が嫁いだ小笠原秀政の明石藩10万石と、同じく妙高院が嫁いだ本多忠政の姫路藩15万石及びその部屋住料10万石。忠政の次男本多政朝龍野藩5万石、徳川家康の娘・良正院の遺領を分配した赤穂藩3.5万石、平福藩2.5万石、山崎藩3.8万石とその池田氏一族の鵤藩1万石、林田藩1万石の中小藩に分割された。そのうちの一つが明石藩である。

立藩は池田氏が転封となった元和3年である。信濃国松本藩より小笠原忠真が10万石で入封したことに始まる。忠真はそれまでこの地方の拠点であった船上城(ふなげじょう)を廃し、明石城を建設した。この城の持つ性格は、海上交通の監視、西国大名への押さえの拠点城郭の一つとなったことである。寛永9年(1632年)忠真は豊前国小倉藩に転封となった。

寛永10年(1633年)、松平(戸田)庸直が7万石で入封した。翌年18歳で死去したため、兄・忠光の子・光重が継いだが、寛永16年(1639年)に美濃国加納藩へ転封となった。同地より交代で大久保忠職が7万石で入封したが、慶安4年(1649年)に肥前国唐津藩へ転封となった。同年、丹波国篠山藩より松平(藤井)忠国が7万石で入封する。嗣子・信之の時代に弟・信重に5千石を分知したため、6万5千石となった。延宝7年(1679年)、信之は大和国郡山藩に転封となった。なお、信之は名君の誉れ高く、新田開発を進めた。郡山転封後は老中となっている。同地より交代で、本多政利が6万石で入封する。過酷な政策を強いた罪により、天和2年(1682年)に陸奥国岩瀬藩に1万石に減封の上、転封となった。

同年(天和2年)、越前国大野藩より松平直明が6万石にて入封し、越前松平家の支配が廃藩置県まで続いた。8代・斉宜は11代将軍家斉の二十五男で、この時2万石の加増を受け、8万石(10万石格)となった。しかし、将軍家の子息を迎えることで莫大な費用を要し、財政難に一層の拍車がかかった。幕末には御家門の立場上佐幕派となり、鳥羽・伏見の戦いでも幕府方として参戦した。その後、明治政府方に帰順した。明治4年(1871年)、廃藩置県により明石県となり、姫路県・飾磨県を経て兵庫県に編入されている。越前松平家は明治17年(1884年)、華族令により子爵となった。

歴代藩主[編集]

小笠原家[編集]

譜代 10万石 (1617年 - 1632年)

  1. 忠真

松平〔戸田〕家[編集]

譜代 7万石 (1633年 - 1639年)

  1. 庸直
  2. 光重

大久保家[編集]

譜代 7万石 (1639年 - 1649年)

  1. 忠職

松平〔藤井〕家[編集]

譜代 7万石→6万5千石 (1649年 - 1679年)

  1. 忠国
  2. 信之 分知により6万5千石

本多家[編集]

譜代 6万石 (1679年 - 1682年)

  1. 政利

松平〔越前〕家[編集]

親藩 6万石→8万石(10万石格) (1682年 - 1871年)

  1. 直明
  2. 直常
  3. 直純
  4. 直泰
  5. 直之
  6. 直周
  7. 斉韶
  8. 斉宣 8万石に加増
  9. 慶憲
  10. 直致

幕末の領地[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

先代:
播磨国
行政区の変遷
1617年 - 1971年 (明石藩→明石県)
次代:
姫路県