松平直周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平直周
時代 江戸時代後期
生誕 安永2年6月28日1773年8月16日
死没 文政11年4月7日1828年5月20日
改名 直松(幼名)→直周
別名 恒吉(通称)
神号 武直神霊
戒名 巍徳院殿高誉勇山哲英大居士
墓所 兵庫県明石市人丸町の長寿院
官位 従五位下、左兵衛佐、従四位下、左兵衛督、大蔵大輔
幕府 江戸幕府
播磨明石藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平直泰、母:里嘉子(側室)
養父:松平直之
兄弟 直之直周直暠中条信徳直方本多忠曄有馬広寿直顕安藤定則直標直宝直董
正室:春姫溝口直信の娘)
斉韶直堅直載(四男)、邦(本多忠興正室)、誠(池田政範正室)、脩(有馬広憲室)

松平 直周(まつだいら なおちか)は、江戸時代後期の大名播磨明石藩第6代藩主。直良系越前松平家7代。

生涯[編集]

安永2年(1773年)、明石藩4代藩主松平直泰の三男として江戸藩邸にて誕生する。天明6年(1786年)兄・直之の危篤により4月14日に世嗣となる。翌日、兄が死去。6月7日に家督を継ぐ。寛政元年(1789年)初めて将軍徳川家斉に拝謁する。従五位下を叙任、左兵衛佐と名乗る。寛政3年(1791年新発田藩溝口直侯の妹・春姫と婚姻。寛政8年(1796年幕府より濃尾三川の改修工事を命じられる。財政窮乏の中での工事のため領内の商人より借財を行う。寛政9年(1797年)従四位下に昇進、左兵衛督に改称。寛政10年(1798年)正室・春姫が死去。浅草幡随院に葬る。寛政11年(1799年)干魃のため1万石の大減収となる。このため領内の商人などから寄付を募り、翌寛政12年(1800年)に寛政池を造築する。享和3年(1804年)父・直泰が卒中のため明石城二の丸にて死去。文化13年(1816年)隠居を申し出、家督を次男の斉韶に譲る。翌年、江戸高輪の別邸に移る。文政4年(1821年)大蔵大輔と改称。文政11年(1828年)死去、享年56。

参考文献[編集]

  • 黒田義隆編著『明石藩略史』明石葵会、1981年