松平忠国 (播磨国明石藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠国
時代 江戸時代前期
生誕 慶長2年8月17日1597年9月28日
死没 万治2年2月20日1659年4月11日
改名 千熊(幼名)→忠国
別名 勘四郎(通称)、忠勝
戒名 浄源院殿雲誉崇安道覚大居士
墓所 京都府京都市上京区寺之内通の称念寺
官位 従五位下、山城守
幕府 江戸幕府
丹波篠山藩主→播磨明石藩
氏族 藤井松平家
父母 父:松平信吉
母:松平信一の娘(養女で阿部定吉の娘とも)
兄弟 忠国忠晴忠秋信治季治、永寿院(秋田俊季正室)
正室:戸田氏鉄の娘
信久信之信重忠栄(五男)、娘(内藤頼長正室)、娘(松浦鎮信正室)、翠松院(保科正景正室)、娘(酒井忠興室)、娘(本多忠将正室)、娘(善法寺要清室)、栄昌院(松平忠昭正室)

松平 忠国(まつだいら ただくに)は、江戸時代前期の大名丹波篠山藩主、播磨明石藩主。藤井松平家嫡流第4代当主。松平信吉の長男。

生涯[編集]

元和6年(1620年)に父・信吉の跡を継いで丹波篠山5万石の藩主となる。信吉の代から建設中であった城下町を完成させた。藩の財政には厳格であり、元和7年(1621年)に不作であった際には柿の木も年貢の対象としたため、農民から越訴されている。

慶安2年(1649年)に播磨明石7万石に加増転封された。こちらでは、新田開発や掘割の開削などに当たった。

万治2年(1659年)、死去。享年63。

茶道・和歌・俳諧・文学を嗜み、沢庵宗彭との交流もあった。明石が『源氏物語』『平家物語』で舞台となっていたことから、光源氏明石入道の碑を造り、自作の和歌をそれに刻ませている。

娘の一人・栄昌院は忠国の弟の家・伊賀守家へ嫁ぎ、甥・忠昭の正室となった。息子の3人には、自身が将軍徳川秀忠から拝領した一字「忠」を用いることなく、養祖父・勘四郎信一以来の「信」 をそれぞれにつけた。長男の信久は忠国の隠居前での不幸で、山城守を襲名せずに早世した。次男の信之が山城守家を継いだ。信之の弟・信重は新家を興し、5000石の旗本になった。