本多政利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
本多政利
時代 江戸時代前期
生誕 寛永18年(1641年
死没 宝永4年12月8日1707年12月31日
別名 弾正左衛門(通称)
戒名 法性院殿雪窓覚夢大居士
墓所 愛知県岡崎市東能見町の源空寺
官位 従五位下、出雲
幕府 江戸幕府
大和郡山新田藩主→播磨明石藩主→陸奥大久保藩
氏族 本多氏
父母 父:本多政勝、母:有馬直純の娘
兄弟 勝行政利忠英
正室:徳川頼房の八女)
政真(長男)、利(芦野資倍正室)、勝(本多忠良正室)

本多 政利(ほんだ まさとし)は、江戸時代前期の大名大和郡山新田藩主、播磨明石藩主、陸奥大久保藩主。本多政勝の次男。

生涯[編集]

父・政勝は、本多家宗家である従兄の大和郡山藩主本多政朝の跡を相続し襲封した。これは政朝の実子政長が、わずか6歳という幼少であったために襲封したもので、政勝の跡は政長と定められていた。しかし、実子の政利に家督を相続させようと考えた政勝は大老酒井忠清に取り入ろうとするが、家臣の都筑云成の忠言により、政長が養嗣子と定められた。

寛文11年(1671年)に政勝が死去すると、政利は即座に酒井忠清に裏工作し、政勝の遺領15万石のうち9万石を政長に、6万石を政利に相続させる幕府の裁定が下った(九・六騒動)。この騒動はこれで終わらず、15万石全てを相続できなかった不満で、政利は延宝7年(1679年)夏に政長を毒殺したと伝えられている。結局、政長の後は養嗣子の忠国が相続し、忠国は相続と同時に陸奥福島へ転封となり、政利も延宝7年(1679年)6月26日に播磨明石へ転封となった。このとき、6万石のうち3万石を宗家の忠国に返還し、新たに3万石を与えられている。

その後、政利は過酷な政策を強いた罪や巡見使に対する作法が不適切であったことにより[1]天和2年(1682年)2月22日に陸奥大久保(岩瀬藩)に1万石に減封の上、転封となった。さらに、侍女の殺害や領民に過剰な使役を科すなどの不行状が幕府の耳に入るところとなり、元禄6年(1693年)6月13日に除封となり、出羽庄内藩酒井忠真の預かりの身となった。しかし、ここでも政利は家臣に暴力を振るうなど粗暴な振る舞いを見せたため、死刑にも当たるとされたが、狂気の沙汰として減免され、元禄15年(1702年)7月26日に三河岡崎藩水野忠之の預かりに変えられ、岡崎城の一室に幽閉された[2]

宝永4年(1707年)12月8日、同地で死去した。享年67。

脚注[編集]

  1. ^ 須田茂『徳川大名改易録』(崙書房出版、1998年)200頁
  2. ^ 須田茂『徳川大名改易録』(崙書房出版、1998年)211頁

関連項目[編集]