閉門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

閉門(へいもん)は、水門などを閉じること。転じて、自宅の門を閉ざして閉じこもること[1]。また、江戸時代刑罰の一つで、武士僧侶などに科せられた。逼塞より重く、門扉、窓を閉ざし、昼夜ともに出入りを許さなかった。ただし蟄居より軽い。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 今泉定助(日本語) 『平家物語講義: 第2冊』誠之堂、1903年、377頁https://books.google.co.jp/books?id=Y5MRHUTa7dsC&pg=PP1372022年1月24日閲覧。"○閉門 門を閉ぢて籠居すること"。