渋谷天外 (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さんだいめ しぶや てんがい
三代目 渋谷 天外
本名 渋谷 喜作
別名義 初代 渋谷 天笑(旧芸名)
生年月日 (1954-12-01) 1954年12月1日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
身長 173 cm
血液型 O型
職業 喜劇俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
配偶者 滝由女路1992年 - 2018年死別)
一般人(2021年 - )
著名な家族 二代目 渋谷天外(父)
九重京子(母)
所属劇団 松竹新喜劇1977年 - 1984年
新生松竹新喜劇(1991年 - )
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

三代目 渋谷 天外(さんだいめ しぶや てんがい、1954年昭和29年〉12月1日 - )は、日本喜劇俳優。本名、渋谷 喜作。旧芸名、初代 渋谷 天笑(しょだい しぶや てんしょう)。

大阪府出身、和歌山県西牟婁郡白浜町在住。「松竹新喜劇」の代表を務める。父は喜劇俳優、劇作家二代目渋谷天外

来歴・人物[編集]

1954年(昭和29年)12月1日大阪二代目渋谷天外の次男として生まれる。母は元「松竹新喜劇」の女優・九重京子(渋谷喜久栄)。何も知らずに3歳で舞台に上げられる。

私立明星高等学校(大阪府)を経て、京都産業大学経営学科(情報処理専攻)在学中に見よう見真似で喜劇の台本を書く。

1977年(昭和52年)、大学卒業後、正式に松竹新喜劇に入団する。

初名は渋谷天笑で、名付け親は藤山寛美[1]。その後1984年(昭和59年)に休団し上京、テレビでも活躍する。

1991年(平成3年)、藤山寛美逝去後の「新生松竹新喜劇」の代表に就任。

1992年(平成4年)、3代目渋谷天外を襲名する。

現在は「松竹新喜劇」の代表でもあり座長もこなす。

2013年(平成25年) 松尾芸能振興財団 第35回 松尾芸能賞 優秀賞 演劇部門 受賞。

2017年(平成29年) 9月には松竹新喜劇の俳優・胡蝶英治が二代目 渋谷天笑を襲名。天外には2人の娘がいるものの芸能活動を行っていないことから、渋谷の名跡を継ぐこととなった[1]

私生活では、松竹新喜劇の女優・滝由女路(たきゆめじ)と1992年(平成4年)9月に結婚。滝は結婚を機に退団し「おしどり夫婦」として三代目天外を襲名した夫を支えたが[2]2018年(平成30年)6月8日に死別した[3]

ラーメンとカレーとシャンパンとふるさとを愛する。白浜で料理店を営む兄同様、料理の腕前がプロ級である。

同じ大阪市出身のミュージシャン桑名正博とは親友の間柄で、BOROなど喜劇役者ながら音楽関係者との親交が広い。また吉本新喜劇元座長の辻本茂雄とも親交があり、役者として吉本と松竹の垣根を超えた交流が続いている。

2015年から和歌山県白浜町の観光大使を務め、自身も参加した『白浜SONG』が地元白浜町のご当地ソングとして白良浜ビーチにおいて発表された。

座右の銘は『ぼちぼちいこか』。自身がサインを書く際にはこの言葉を書き添えている。

2021年1月17日、自身が発熱の症状が出た為、病院PCR検査を受けた結果、新型コロナウイルスの陽性と判明[4]。1月19日、入院していることを公表した[5]。2月19日、退院[6]。出演予定だった舞台『未来記の番人』は降板し、肺の症状が完治するまで自宅で療養を続ける[6]

同年7月25日、一般女性との再婚を発表[7][8]

出演[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “「渋谷天笑」25年ぶり復活 イケメン俳優・胡蝶英治が二代目襲名へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年7月12日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/12/kiji/20170711s00041000355000c.html 2018年12月30日閲覧。 
  2. ^ おとなの文化村(425回) 松竹新喜劇 渋谷天外さんの奥様 渋谷久代さん”. なにわルネサンス「おとなの文化村」. FM OH! (2016年8月21日). 2018年12月30日閲覧。
  3. ^ “元松竹新喜劇女優・滝由女路さん すい臓がんで死去、63歳…渋谷天外の妻”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年6月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/09/kiji/20180609s00041000248000c.html 2018年12月30日閲覧。 
  4. ^ 渋谷天外 新型コロナウイルス感染に関するご報告”. 松竹新喜劇公式サイト. 新喜劇ニュース (2021年1月19日). 2021年1月19日閲覧。
  5. ^ “松竹新喜劇・渋谷天外が新型コロナ感染 和歌山県内の病院に入院”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年1月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2182186/full/ 2021年2月20日閲覧。 
  6. ^ a b “コロナ感染の渋谷天外が退院 舞台「未来記の番人」は降板「肺の症状完治まで静養に専念」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年2月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/02/19/kiji/20210219s00041000276000c.html 2021年2月20日閲覧。 
  7. ^ "渋谷天外が会社代表の一般女性と再婚". スポーツ報知. 報知新聞社. 25 July 2021. 2021年7月25日閲覧
  8. ^ 渋谷天外、会社代表の一般女性と再婚「高野山へお参りがてら報告に行ってきます」”. ORICON NEWS (2021年7月25日). 2021年7月27日閲覧。
  9. ^ すず役に女優・のんさん!音楽はコトリンゴさん!主要キャスト発表&予告篇完成!,この世界の片隅に公式サイト,2016年8月24日
  10. ^ 《2020年度後期》連続テレビ小説 新たな出演者&「語り」決定!”. NHKオンライン. NHK (2020年8月13日). 2020年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]