団時朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
だん じろう
団 時朗
本名 村田 秀雄(むらた ひでお)
別名義 団 次郎、団 次朗、団 治郎
(旧芸名)
生年月日 1949年1月30日(67歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市
身長 183cm
血液型 AB型
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1966年 -
活動内容 1966年:映画出演
1971年:『帰ってきたウルトラマン
事務所 アルファエージェンシー
主な作品
映画
ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
テレビドラマ
帰ってきたウルトラマン』『正義は勝つ』『熱海の捜査官

団 時朗(だん じろう、1949年1月30日 - )は、日本俳優。本名は村田 秀雄(むらた ひでお)[1]。旧芸名・団 次郎団 次朗団 治郎アルファエージェンシー所属。

京都府京都市出身。身長183cm、体重83kg、血液型AB型平安高等学校卒業。

来歴・人物[編集]

  • 本名から団次郎への改名の経緯は、デビュー時から歌手の村田英雄と混同されることが多く[5]、レコードデビューに際し付けた芸名をそのまま使用した。
  • 90年代に雑誌の特集内で行われた京本政樹との対談で、自分が演じた「帰ってきたウルトラマン」には決まった名称がない[6]ことに触れ、「ウルトラマンジャック」と言う名称になったことを京本が言及すると、「後からつけられてもピンとこない」と語っている[7]
  • また、『ウルトラセブン』の森次晃嗣のシャンソンCD発売の際、ウルトラ4兄弟=ダンディー4集合時に「子供の頃のヒーローと言えば?」という問いに、黒部進(=初代ウルトラマン)だと答えた。
  • 「歴代ウルトラマン1・2を争う酒豪[8]である。
  • 2009年に、舞台で多数の競演を行っている黒柳徹子とのデートが報じられる。黒柳によると「ベッドルーム・ファンタジー」の舞台稽古の際の食事会であり、団のほかに田山涼成も同席していたことを明かし「でも、嬉しいって思いました」と大人の対応をしている。[9]
  • 2013年に、「蒼き天狗の夜に。」という自主映画上映のアフタートークに特別ゲストとして登壇。若手俳優・スタッフへの激励、故郷京都での映画の原体験などを語った[10]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネット配信[編集]

舞台[編集]

ゲーム[編集]

ラジオドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 東映怪人怪獣大百科 ロボット篇(東映ビデオ) - 青井博士(ナレーション)

音楽[編集]

シングル
題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
バラの恋 ひとつぶの涙 1968年 クラウン 日活映画『わが命の唄 艶歌』主題歌
渚のバラード バラをあげよう 1969年
甘い予感 霧の中の孤独 1970年 日本コロムビア
男には黙っていたい時がある 荒野を歩く男
帰ってきたウルトラマン MATチームの歌 1971年 主題歌・挿入歌。ウルトラシリーズで初めて主役が歌った[11]
8ちゃんのえかき唄 おさえきれない好奇心!(歌:松岡洋子コロムビアゆりかご会 1982年 ロボット8ちゃん』後期EDテーマ。
勇者よいそげ!! この道わが旅 1991年 DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』主題歌。すぎやまこういちとの20年ぶりのタッグを組んだ作品。同収録の『この道わが旅』は、『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』のエンディングテーマに詩をつけたもの。
ウルトラマンメビウス 2006年 『ウルトラマンメビウス』主題歌。Project DMM with ウルトラ防衛隊の一員として

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2003年、181頁。ISBN 978-4990124212
  2. ^ 父親はアメリカ空軍の軍人であり、彼が2歳の時に朝鮮戦争で戦死している。
  3. ^ 在学中は野球部に所属。
  4. ^ 1971年まで出演。
  5. ^ MG5のCMが話題になりデパート屋上でキャンペーンサイン会が催されることになるも、女性はてっきり歌手の村田英雄だと思って館内アナウンスをしてしまった
  6. ^ この対談の時期には「ウルトラマンジャック」は正式名称となっている。
  7. ^ 京本政樹 『京本政樹のHERO考証学』 バンダイ、1992年、132頁。
  8. ^ 2010年7月19日放送のエンタマンより
  9. ^ http://beauty.oricon.co.jp/news/69691/full/
  10. ^ 烏丸経済新聞 京都に「帰ってきたウルトラマン」団時朗さん-若手俳優らにエール
  11. ^ 不採用に終わったもう一つの主題歌「戦え! ウルトラマン」も歌っている。

外部リンク[編集]