松平直泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平直泰
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛延元年11月28日1749年1月16日
死没 享和3年12月29日1804年2月10日
改名 処次郎(幼名)→直泰
戒名 峻徳院殿英光明雄有隣大居士
墓所 兵庫県明石市人丸町の長寿院
官位 従五位下、内膳正、従四位下、但馬守、左兵衛督、若狭守
幕府 江戸幕府
播磨明石藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平直純、母:千姫(牧野貞通の娘)
兄弟 直泰直瑗直喬
正室:利恵姫丹羽高庸の娘)
継室:喜姫(丹羽高庸の娘)
直之直周直暠中条信徳直方本多忠曄(十男)、有馬広寿直顕安藤定則直標(十四男)、直宝(十六男)、直董(十七男)、栄(牧野康儔正室のち水野貞利継室)、輝(本多忠昶正室のち内藤正弘継室)、寿(勘解由小路資善室)、娘(堀田一権正室のち松平康正正室)、幹(松平直益正室)、喬(蜂須賀喜脩室)、晋(畠山基利正室)、娘(小堀政共正室)など

松平 直泰(まつだいら なおひろ)は、江戸時代中期から後期の大名播磨明石藩第4代藩主。直良系越前松平家5代。

生涯[編集]

寛延元年(1748年)、明石藩3代藩主松平直純の長男として江戸藩邸にて誕生する。宝暦8年(1758年)に元服し、直純より直泰とを与えられる。宝暦12年(1762年)、初めて将軍徳川家治御目見する。元文13年(1763年)に従五位下を叙任し、内膳正と名乗る。

明和元年(1764年)、直純が病没したため家督を継ぐ。明和2年(1765年)、内膳正より丹後守と改称する。明和7年(1770年)、二本松藩丹羽高庸の娘・勢姫(のち利恵姫と改称)と婚姻する。翌明和8年(1771年)、利恵姫が病没し、浅草幡随院に葬る。安永2年(1773年)、従四位下に昇進、但馬守、左兵衛佐と改称する。安永7年(1778年)、利恵姫の妹・喜姫を継室としたが、天明2年(1782年)には離婚している。天明4年(1784年)、家督を長男の直之に譲り隠居し、若狭守と称す。享和3年(1804年)、卒中のため明石城二の丸にて死去した。享年56。

参考文献[編集]

  • 黒田義隆編著『明石藩略史』明石葵会、1981年