松平直益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平直益
時代 江戸時代後期
生誕 寛政元年7月2日1789年8月22日
死没 天保4年5月29日1833年7月16日
改名 権蔵(幼名)→直益
戒名 誠徳院
墓所 東京都府中市多磨町多磨霊園
官位 従五位下、兵部少輔、日向守、左衛門佐
幕府 江戸幕府
越後糸魚川藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平直紹、母:本多助盈の娘
正室:松平直泰の娘、継室:本多正温の娘
称念寺某、直春、江田某、益志
娘(佐藤某室)、娘(田村某室のち船橋某室)、
娘(曽根某室)、娘(河合方利室)

松平 直益(まつだいら なおます)は、江戸時代後期の大名越後糸魚川藩の第5代藩主。福井藩越前松平家分家7代。

生涯[編集]

寛政元年(1789年)、4代藩主・松平直紹の長男として生まれる。文化3年(1806年)11月28日、父の隠居により後を継ぐ。文化4年(1807年)には馬場先門番、文化5年(1808年)には日光祭礼奉行、文化10年(1813年)には大坂加番に任じられるなど、要職を歴任した。しかしそのための出費が著しく、さらに文化7年(1810年)1月の江戸屋敷焼失や文化8年(1811年)3月の藩内大火災はそれに拍車をかけ、藩財政の大きく逼迫するに至った。また、文政2年(1819年)には御用金の過酷な徴収を行う黒川郡代に反対する黒川騒動が起こっている。

文政9年(1826年)9月14日、次男の直春に家督を譲って隠居した。天保4年(1833年)に死去した。享年45。