松平庸直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松平 庸直(まつだいら やすなお、元和3年(1617年) - 寛永11年5月12日1634年6月7日))は、江戸時代前期の大名信濃松本藩主、播磨明石藩主。戸田松平家2代。

戸田氏嫡流である松平康長の三男。子は養女(松平忠光の娘、前田利意正室)。官位従五位下、佐渡守、丹波守。名は康直とも。

生涯[編集]

上野国高崎城で生まれる。兄・忠光の早世により嫡子となる。寛永9年(1632年)12月に父が没したため家督を相続する[1]

寛永10年(1633年)4月、播磨明石に移封される[1]。しかしその翌年、江戸から上洛途中の東海道鈴鹿関で18歳で没した。嗣子が無かったため、甥で養子の光重が跡を継いだ。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b 田中『シリーズ藩物語 松本藩』 P34

参考文献[編集]