松平信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平信一
Matsudaira Nobukazu.jpg
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文8年(1539年
死没 寛永元年8月29日1624年7月16日
別名 勘四郎(通称)
戒名 浄真院弁誉道雄専水大居士
官位 従四位下、伊豆
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康
常陸国土浦藩
氏族 藤井松平家
父母 父:松平利長
正室:不詳、継室:松平好景の娘
久清、娘(大久保康忠室)、
娘(石川某室)、娘(松平信吉正室)、
娘(小栗忠政室のち門奈宗勝室)
養子:松平信吉

松平 信一(まつだいら のぶかず)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名藤井松平家嫡流の初代。松平長親の五男・松平利長(藤井松平家始祖)の長男。松平清康の従兄弟にあたる。

生涯[編集]

早くから徳川家康に仕え、永禄元年(1558年)の尾張国の北東部に在った品野城への夜襲戦に加わる。ここで織田方の将士らを50余名を討ち取り、三河尾張両国にその名を轟かせた。永禄6年(1563年)の三河一向一揆鎮圧戦でも活躍。このときの働きを、家康から賞されている。永禄11年(1568年)からは織田信長の援軍の将として派遣され、9月12日観音寺城の戦いに代表される対六角氏戦で、箕作城攻めにて本丸一番乗りを果たす戦功を挙げ、信長からも賞された。

天正3年(1575年)、遠江国諏訪原の戦い長篠の戦い)に参戦[1]

天正18年(1590年)、家康の関東国替えにより、下総布川に5000石を与えられる。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは江戸崎にて佐竹義宣の動向に備えた。その戦功により戦後、常陸国土浦藩の初代藩主となり、3万5000石の所領を与えられた。嫡男久清がすでに没していたため、慶長9年(1604年)、桜井松平家から信吉を養子に迎えて家督を譲った。

寛永元年(1624年)、信吉の封地の丹波篠山城で死去した。

逸話[編集]

  • 寛永6年の一向宗蜂起の時、敵の鉄砲によって左股を撃たれて倒れ、これを見た敵が誇言したところ、起き上がって進んで来て、悪口(あっこう)を言い放ち、これを聞いた敵が引きしりぞいたと『寛永諸家系図伝』に記述されている。

脚注[編集]

  1. ^ 寛永諸家系図伝』の松平康安の記述に、「康安は、松平伊豆守(信一)に属して、足軽を遣わし、鉄砲を放ちて挑み、戦う」と記述がある。