松平信愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平 信愛
時代 江戸時代後期
生誕 安永8年3月4日1779年4月20日
死没 文化2年3月27日1805年4月26日
改名 盤丸、三郎(幼名)→信愛
戒名 台岳院殿雲誉照月義山大居士
墓所 東京都港区高輪の松光寺
官位 従五位下、山城
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
出羽上山藩
氏族 藤井松平家
父母 父:松平信亨、養父:松平信古
兄弟 信古信恭信愛、鋭丸
正室:松平親貞の娘
1女
養子:信行

松平 信愛(まつだいら のぶざね)は、江戸時代後期の大名出羽上山藩の第6代藩主。藤井松平家嫡流12代。

生涯[編集]

安永8年(1779年)3月4日、第4代藩主松平信亨の四男として生まれる。寛政8年(1796年)に兄で先代藩主の信古が死去したため、その養子として跡を継いだ。同年12月28日に叙任する。兄の代からの藩政改革をめぐって家臣団の争いが続いた。文化2年(1805年)3月27日、大坂加番在任中に死去した。享年27。跡を養子の信行が継いだ。